trial_banner_2.jpg
21sawayaka1.jpg
nishio2-1.gif

2013年09月30日

なごや起点<街道RUN> vol.4「大浜街道」。

江戸時代に整備された街道の多くは、主要な国道・県道として今に受け継がれています。いずれの街道もすっかり様変わりしていますが、道のそこかしこに往時の面影を垣間見ることができます。そんな歴史ロマンあふれる街道をランニングでたどる「なごや起点<街道RUN>」。第4弾は名古屋市緑区と碧南を結ぶ「大浜街道」です。
ohama008.jpg

大浜(碧南市)から名古屋(大高から東海道に接続)まで海産物を運んだ道、大浜街道。現在はおもに県道50号としてその名残をとどめています。
ohama00001.jpg

このトピック下にルートマップを掲載していますが、これはランニング用に細かな道を省略したもの。大浜街道を正確にたどっていませんのでご了承ください。便宜上、スタートを名鉄「鳴海」駅とします。

ナゴヤランナーにはおなじみの「大高緑地」を左手にみつつ、しばらくJR東海道本線と並走するように南下。約6kmで共和、約9kmで大府に到達。

さらに南下し、緒川駅手前あたり(緒川北交差点)で東に進路を取り、境川・緒川・逢妻川を一気に渡って刈谷市へと入ります。

疲れが出てくる17.5km地点あたりの町が、人形づくりで有名な吉浜。ここには“人形のテーマパーク”と称される「紫峰人形美術館」があります。入館無料なので休憩がわりに見学するのもいいでしょう。
ohama001.jpg

吉浜から1.5kmほど進んだまちが、三洲瓦の産地として名高い高浜。「やきものの里かわら美術館」や「鬼の道」(散策路)にはぜひ立ち寄りたいところ。
ohama002.jpg
ohama003.jpg

高浜を過ぎると大浜街道もいよいよ終盤。碧南のまちに入ってくると、九重みりん横の黒壁の小径や「西方寺太鼓堂」など、風情あふれる景観を横目に見ながら走ることができます。
ohama005.jpg
ohama004.jpg


とくに終点に近い「港橋北」交差点付近には歴史的な建物や町並みが残されており、街道ランのゴールにふさわしい風景が広がります。
ohama006.jpg

最終地点は港大浜橋付近(全長約27km)。そのまま「碧南市臨海公園」でゆっくりするのがおすすめ。あまり知られていませんが、園内の碧南海浜水族館のレストランにはビールが置いてあります。大浜街道ランのシメもやっぱりビール!・・・結局、こうなってしまいます。



<街道RUNシリーズ>
なごや起点<街道RUN> vol.1「挙母街道」。
なごや起点<街道RUN>vol.2「瀬戸街道」。
なごや起点<街道RUN>vol.3「美濃路」。

<お知らせ>
明日(10月1日)は東京出張のため更新を休ませていただきます。ご了承ください。


<お知らせ2>
FUNRUN758 旅ラン in 半田、10月5日開催!


<お知らせ>
名古屋ランニングジャーナルfacebookページ開設


●『改訂版 名古屋みちくさランニング』発売中!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | 街道RUN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif