468_60.jpg
2_sanen2022 2.png
yoko_okumikawa_tabiruun.png

2013年08月27日

2013北海道マラソンvol.1<夏マラソンは難しいから楽しい>篇。

夏マラソンの代名詞、「北海道マラソン」を実走取材してきました。私自身、2010年大会以来2回目の出場です。2010年シーズンはマラソンのベストタイムを出した絶好調イヤーにもかかわらず、道マラではワースト記録を大幅に更新。「夏マラソン」の厳しさを身を持って知らされました。
DSCN1206.JPG

あれから3年。再び北の大地に戻ってきました。2010年当時より確実に走力は落ち、体重は増えているものの、なぜか前回よりも早く走れる自信がありました。

なぜなら北海道マラソン=夏マラソンに対して畏怖を感じているのが自分でもわかっていたからでしょうか。

2010年大会ではとくに深く考えず秋冬のレースとほとんど同じペースで刻み、早い段階で失速。終盤のほとんどを歩くというみっともない大失態を演じてしまったのです。

戦略的に「歩き」が許容される(上位選手は除く)ウルトラマラソンやトレイルランニングと異なり、マラソンは「走り続けなければならない」スポーツ。

ましてや北海道マラソンの制限時間は5時間。暑い中、一定のスピードを保って走り続けなければならないところに夏マラソンの難しさ・厳しさがあるでしょう。

そしてそれは逆に秋冬のマラソン大会では味わえない面白さにもなっています。まず頭を悩ます(というか楽しいんですが)のが「ペース設定」。
DSCN1217.JPG

暑さに強い人ならいざ知らず、前回の私がそうであったように秋冬レースと同じペースで突っ込んだら早々につぶれてしまいます。そこで、当日の気温・体感温度・陽ざしの強弱・湿度により、最低目標サブ4から3段階のペース設定を用意しました。

次は暑さ対策。エイドごとに頭から水をかぶることはわかっていたので、ボトムスは水を含んでペタペタすることがないハーフタイツを選択。トップスについては結果的にTシャツを選びましたが、当日ギリギリまでランシャツにするか迷いました。

水に濡れる=擦れやすくなるため、ヴァセリン(ワセリン)の用意もかかせません。そんなこんなでいろいろと考えをめぐらしながら、前日は早めに就寝。本番に備えました。

本日は写真が少ないのでマラソンEXPOの様子を少しだけ。
DSCN1183.JPG
DSCN1195.JPG
DSCN1190.JPG

明日はvol.2<レース>篇をお届けします。

<受付〆切まであと1日!オリジナルRUNウェア発売中!>
FUNRUN758オリジナルRUNウェア受注販売予約がいよいよ本日限り!お忘れの方はお急ぎください。 ※なお、「銀行振込」のご入金期限は8月30日です。

store01.jpg

★名古屋ランニングジャーナルfacebookページ開設

●『改訂版 名古屋みちくさランニング』発売中!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | マラソン大会レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif