nishio1206.gif

2013年05月09日

市民ランナーの楽しみ「旅ラン」の定義とは?

ゴールデンウイークは終わってしまいましたが、市民ランナーにとってこれから楽しみなのが「旅ラン」です。旅ランという言葉自体はずっと以前からありましたが、いわゆる“ランブーム”を反映してか最近はTVや書籍で見かけることが多くなりました。
DSCN8865.JPG

5月2日付け中日新聞(夕刊)に掲載された「旅ラン」の記事。ご覧になったでしょうか?私も取材協力させていただきました。記事によると、ランニングを気軽に楽しむためのアクティビティとして旅ランの人気が高まっているようです。
chunichitabirun.jpg

取材時に質問されたのが「旅ラン」の定義。似たようなもので「マラニック」という言葉があります。違いは、マラニックが「走り主体」で旅ランが「観光主体」であること。

マラニックは「目的地までのランニングそのものを楽しむ」旅ランは「点在する見どころをランニングでめぐる」というイメージでしょうか。

最近では観光業界を中心に、マラソン大会への遠征を「旅ラン」と称することもあります。しかし、広義な意味では「旅ラン」かもしれませんが、私には少し違和感があります。

たとえばマラソン大会の前日あるいはレース後に「走って観光」するなら正真正銘の旅ランですが、とくにフルマラソンやウルトラマラソンの場合、レース前後にまとまった距離を走るのは現実的に難しいでしょう。

「マラソン大会で遠征→疲労を貯めないため前日は歩いて観光」・・・これは単なる「遠征旅行」ではないでしょうか。つまり、「走って観光する」という行為が伴って初めて「旅ラン」と呼べると思うのです・・・まあ、どうでもいいけど。

観光業界や出版業界としては「旅ラン」というワードのほうがなんとなく小洒落ているので、そう称しているだけなのかもしれません。ちなみに「みちくさラン」という言葉もありますが、こちらは流行りませんね・・・。

さて、「旅ラン」という言葉はいつごろから現れたのでしょうか。名古屋RJの過去トピックを見直すと、2007年の時点でごく普通に「旅ラン」「観光ラン」という言葉を使っていました

当時(2007年)、すでに市民ランナーの間では一般的な言葉として存在していたと思いますので、それ以降に特定の誰かが提唱したということはあり得ません。

ちなみに「美ジョガー」という言葉は2008年に某女性誌が使い始めたと記憶しています。

●『改訂版 名古屋みちくさランニング』発売中!

●おすすめカテゴリー
FUNRUN758イベントレポート
コラム to RUN!
ランニュースPickUp
お試し!RUNグッズ
マラソン大会レビュー
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
トレイルランニング
Nike+
東京マラソン
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅ランのすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif