worker.gif
castle_200728.gif

2007年03月12日

2007名古屋国際女子マラソンをハードに観戦。

名古屋国際女子マラソン大会を観戦してきた。いうまでもなくマラソンは公道を利用して行われるため、野球やサッカーのように一ヵ所にとどまってゆったり観戦する、というわけにはいかない。観戦スタイルとしては「競技場でスタートを見る→選手が帰ってくるまでじっと待つ→ゴールを見る」というパターンと、「コース上のどこかで待ちかまえて観戦する」パターンがあげられる。私は今回、「スタートおよびトップのゴールを競技場で生観戦し、なおかつ5km、10km、20km、30km、40kmの各地点でトップ集団をウォッチする(カメラにおさめる)」という過酷な観戦方法に挑戦する。

いちばんの難関は40km地点で観戦した後、陸上競技場まで戻ってトップのゴールシーンを見られるかという点。40km地点から選手がゴールに到達するまで、おそらく6〜8分ぐらいだろう。自転車で裏道を先回りするにしてもギリギリの時間である。まあ、やってみなくちゃわからない。

とりあえずスタートを観戦するため、瑞穂陸上競技場へ。競技場前の道路には、すでに中継車や先導の白バイなど、関係車両がずらりと並んで選手たちを待ちかまえている。それにしても、真冬並みの寒さもさることながら、かなり風が強い。自転車のハンドルを取られるほどの強風なので、向かい風の局面はランナーにとって相当キツいかも。
startmaedouro.jpg

自転車で走り回ることを想定し、とくに防寒対策はしてこなかった。薄手のウインドブレーカーの下は長袖Tシャツ一枚だ。スタンドのイスにじっとしているとかなり寒い。鼻水が止まらなくなる。寒さに耐えること20分、やっと号砲。ランナーたちはトラックを2周して公道に飛び出していく。
start_track002.jpg

エリートランナーの後ろにはこんなにいっぱいの市民ランナーが。
みなさん、厳しい出場基準を満たしている速い人ばかり。
ippann_rannner.jpg

さて、スタートを見届けたあとはさっそく5km地点へ移動だ。なお、コース脇の歩道を自転車で走るのは極めて危険な行為なので、できる限りコースの裏道を走る。5km地点へはショートカットできたこともあり、競技場から3分ほどで到着してしまった。先頭集団がやってきたのはその5分後。ペースメーカーに隠れてしまっているが、トップは弘山晴美(敬称略、以下同)、高仲未来恵、ジュリア・モンビ。後方に大南敬美がつけている。まだ序盤の序盤なので、順位よりもトップグループに入っていることが重要だ。
5kmtiten.jpg

つぎは10km地点へ向かう。コース道路より1本入った道は交通規制の影響もあるのか、クルマがほとんど見あたらない。おかげでとても走りやすく、余裕で10km地点に到着。デイパックからデジカメを出していると、向かい側の道路に見慣れたおじさん(失礼)を発見。と思ったら、あの小出義雄監督だった。さきほどトップグループにいたジュリア・モンビは小出監督が主催する佐倉アスリート倶楽部の教え子だ。

そうこうしているうちに、どでかい中継車が見えてきた。あの後ろを先頭集団が走っているはずだ。先頭で走ってきたのは弘山でもなく大南でもなく、高仲未来恵だった(ナンバーカード51、52番はペースメーカー)。遅れること数秒、弘山、大南、橋本康子などの“本命集団”が通過。
10kmtiten.jpg

10kmtiten002.jpg

ここでアクシデント発生! といっても選手にではなく、私に。あまりの寒さに風邪をひいたのだろうか、頭痛がひどくなってきた。空腹も耐え難い。悩んだ末、コメダに避難。シロノワールで鋭気を養う。20km、30km地点のウォッチはあきらめた。挑戦失敗。まあいいや。

コメダでまったりしているうちに頭痛もいくぶんおさまった。気を取り直して最後の公道ウォッチポイント40km地点へ。またまた早く来すぎてしまい、寒風のなか待つこと15分。やってきました、先頭集団。大方の予想どおり、弘山、大平美樹、ジュリア・モンビ、橋本、大南の5人。高仲は残念ながら脱落した模様。
35kmtiten.jpg

さあ、ここからが私にとって本当の勝負である。果たしてトップ選手のゴールシーンをカメラにおさめることができるのか。ゴール地点まで距離にして約2km。トップはおそらくあと6〜8分でゴールテープを切ってしまうだろう。間に合うか、間に合わないか微妙なところだ。運を天に任せつつ、競輪選手をイメージした猛ダッシュを敢行。

やがて、汗ダラダラになりながら競技場の駐輪場に到着。どこからともなく「トップが競技場に入ったぞ!」という声が聞こえる。ダメか、いや、まだ間に合う。トラック1周残っている。自転車をロックする時間さえもどかしい。私と同じく、スタンドへの階段をダッシュで駆け上がる人が大勢いた。中には転倒して流血し、悲鳴を上げているおばさんもいる。みんな生ゴール見たさに必死だ。競技場は歓声にわき上がっている。最後の階段をのぼり急いでゴール地点を見ると、今まさにトップ選手がゴールテープを切ろうとしているではないか!

慌ててデジカメを取り出すも、ズームにしている余裕すらない。とにかく激写! なんとか間に合った・・・小っさくてピンボケだけど。優勝は橋本康子(世界陸上出場決定)。2位の弘山との差はわずか6秒。3位は大南だった。
goal001.jpg

マラソンを生観戦するのが、こんなに疲れるとは思わなかった。やっぱりマラソンは見るより走る方が楽しいかな。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif