468_60.jpg
2_sanen2022 2.png
yoko_okumikawa_tabiruun.png

2013年04月25日

知らない町を走ってみたいvol.32【長野・松代】。

松代藩・真田十万石。そこかしこに城下町の面影を色濃く残すまち、長野市「松代町」を旅ランしてきました。
mtsus07.JPG

長野駅から松代町までは10km程度。かつて長野電鉄屋代線が通っていましたが、昨年の春に惜しくも廃線に。
mtsus01.JPG

大正11年に建てられた松代駅の駅舎はそのまま残されており、中に入ることもできます。廃駅マニアにはたまらない空間でしょう(ホームには入れません)。
mtsus01_2.JPG
mtsus02.JPG

松代駅から100mぐらい南西に進んだところから線路(だった敷地)を横断して松代城跡(海津城址公園)へ。
mtsus03.JPG
mtsus04.JPG

遺構は石垣の一部しかないものの、再建された太鼓門が真田十万石をしのばせる凛々しい佇まいを見せていました。
mtsus05.JPG
DSCN9234.JPG

本丸があったところは広場になっており、サクラを愛でる人たちが訪れていました。
mtsus06.JPG

松代城跡をあとにして、一路「象山神社」をめざします。歴史情緒あふれる町並みは歴史好きランナーにおすすめ。至るところに往時の面影を垣間見ることができます。
mtsus016.JPG

交通量はそれほど多くなく、歩道もそれなりにスペースがとってあるので歴史発見散策ランには最適。
mtsus08.JPG
mtsus09.JPG

真田家が入封するずっと以前はあの武田信玄の支配下にあった松代。現在では「真田家」と「佐久間象山」を観光の目玉としており、町を走っていても信玄の名はほとんど出てきません。
mtsus010.JPG
mtsus011.JPG

松代駅から800mほど南に位置するのが「象山神社」。いうまでもなく幕末の学者であり思想家の佐久間象山を祀る神社で、近隣には象山公園、象山記念館があります。
mtsus011_2.JPG
mtsus015.JPG

境内に残された「高義亭」。ここは久坂玄瑞、高杉晋作、中岡慎太郎など幕末の志士と象山が激論を戦わせた場所。なんと入館自由ということでくまなく見学してきました。歴史好きなら興奮する場所だと思います。
mtsus012.JPG
mtsus013.JPG
mtsus014.JPG

つぎに訪れたのは「真田宝物館」。その名のとおり歴代松代藩主を務めた真田氏にまつわる史料を集めた博物館です。
mtsus017.JPG

真田氏といえば一般的には「幸村」が有名ですが、本家の敵方となるからか、とくべつ幸村に焦点を当てたコーナーなどはありませんでした。もちろん「真田十勇士」などは一切出てきませんので、幸村ファンは少しがっかりするかも。

真田宝物館をたっぷり堪能したあとは再び松代駅跡へ。長野駅行きのバスに乗り、ちょっと短めの旅ランを終えました。

翌日にフルマラソンを控えていたため距離は伸ばしませんでしたが、機会があれば川中島も含めた旅ランを実施したいと思っています。

なんだか全編ただの観光案内のようになっていますが、あくまでも旅ランの記録です。本人が言うのですから間違いありません。

●『改訂版 名古屋みちくさランニング』発売中!

●おすすめカテゴリー
コラム to RUN!
ランニュースPickUp
お試し!RUNグッズ
マラソン大会レビュー
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
トレイルランニング
Nike+
東京マラソン  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅ランのすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif