yoko_okumikawa_tabiruun.png

2007年02月16日

うらやましいな〜、東京マラソン。

いよいよあさって(18日)、日本初の都市型市民マラソン大会「東京マラソン」が開催される。海外で同じ趣旨のレースとしては「シカゴマラソン」「ニューヨークシティマラソン」「ベルリンマラソン」などが有名。これらのレースの特徴をひとことでいうと、「トップランナーと市民ランナーがいっしょくたになって走ることができる真剣勝負のレース」といえる。しかしこれだけなら「長野マラソン」などすでに存在している。ではその違いはどこにあるのか?それはズバリ「規模」だ。

シカゴは4万人、ニューヨークは3万5千人ものランナーが一斉にスタートする(ちなみに長野マラソンは7千人)。沿道の応援も250万人を超えるという(ニューヨーク)。東京マラソンの出場者はアジア最大級の3万人(10kmの部5,000人含む)。スタート直後のコース上は「はだか祭り」みたいな阿鼻叫喚の地獄絵図と化すのだろうか。ちょっといやだなあ。ちなみに東京マラソンでは裸での出走は禁止されている。念のため。

最後尾に並んだ人がスタート地点に到達するまで30分以上かかる可能性もあるというからびっくり。私が経験したレースの最高人数は昨年の「名古屋シティマラソン(10kmの部)」で、その数5〜6千人。それでもスタート地点まで到達するのに5分以上かかったし、名古屋特有の幅広道路を全車線開放しても3キロ地点近くまで押し合いへし合いが続いた。それを考えると3万人の一斉スタートというのはちょっと想像がつかない。
tokyo_marathon.jpg
私が昨秋ランニングに目覚めたとき、すでに東京マラソンへのエントリーは締め切られた後だった。もしも間に合っていれば、今ごろ東京への出発準備で仕事どころではなかったかもしれない。もっとも、定員3万人に対して応募が10万人も殺到したというから、たとえエントリー期間に間に合っていたとしても抽選ではずれていた可能性が高い。くじ運悪いし。それにしても出場できる人がうらやましい。これから先、日本を代表するスポーツイベントとして歴史を刻んでいくであろう東京マラソンの「第1回」大会に参加できるなんて。

当日はどうやら曇りときどき雨という煮え切らない天候のようだ。多少湿っていた方が呼吸しやすいというから、選手には曇天や小雨も天恵と考えて気持ちよく走ってもらいたい。今回はTV観戦だけど、来年はぜひともはだか祭り、じゃなくて東京マラソンに出場したいな。その前に長野マラソンを完走する方が先だけど。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif