castle0221.gif
highalti190701.gif
higashi01.png

2012年11月14日

2012いびがわマラソンvol.2<レース>篇。

vol.1<雨の怖さ>篇よりつづく。
4月の長野マラソン以来の実戦となった「第25回いびがわマラソン」。雨対策よりも、設定ペースをどうするか悩みに悩みました。
DSCN6150.JPG

選択肢は3パターン。「キロ5分で慎重に」「キロ4分50で堅実に」「キロ4分40で一か八かの勝負」・・・です。

5月から続けている通勤・帰宅ランにより、月間走行距離はここ半年コンスタントに200〜250km。

2年前に自己ベスト(キロ4分50ペース)を出した当時よりも距離を踏んでいましたので、心のどこかに「どこまでできるか勝負してみたい」という気持ちがありました。

しかしいきなり「4分40」ペースはかなりの冒険です。市民ランナーならご存知のように、ペースが10秒違えばとても大きな疲労の差となって現れます。

そこで、自己ベスト相当の「4分50」でいくことに決定。ところが、いざ号砲を聞くといつもの悪い癖が出てしまいました。久々のレースを走れる喜び、そして沿道の声援に押されてついついペースアップ。
DSCN6169.JPG

おおむね4分30〜40の、自分としては明らかなオーバーペースで25km近く走り続けてしまったのです。こうなると、ペースを落とすことが怖くなります。それを打ち消すよう、好都合なことばかり考えるように。
DSCN6190.JPG

冷静な判断ができなくなり、「このままいけるんじゃないか」と勘違いが始まります。フルマラソンは16戦目ほどになりますが、毎回この失敗を繰り返しています。
DSCN6206.JPG

やはり今回も奇跡は起きませんでした。35kmぐらいから脚の疲労がピークに達し、急速にペースダウン。後続のランナーにつぎつぎと抜かれていきました。

そしてたどりついた39km地点の「スイーツエイド」。
DSCN6223.JPG

今大会から新たに設置されたエイドで、大福、シュークリーム、まんじゅうなどのおやつがたくさん。すでに好タイムはのぞめませんでしたので、たっぷり堪能させていただきました。
DSCN6227.JPG

結果、フィニッシュタイムは平凡でしたが、ペースが大きく落ち込むことなく走れたのは収穫でした。

つぎのフルマラソンは12月2日の「NAHAマラソン」。ファンラン要素の強い大会イメージですが、もちろん力を抜くことなく全力で走ります。

●明日は大会レポvol.3「人気大会の真価」篇をお届けします。

●『改訂版 名古屋みちくさランニング』発売中!
●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
コラム to RUN!
ランニュースPickUp
お試し!RUNグッズ
マラソン大会レビュー
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
トレイルランニング
Nike+
東京マラソン
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger