aichiike_banner0.jpg
2_sanen2022 2.png

2012年10月02日

10万円なくても「想い」があれば大丈夫!東京マラソン「チャリティ・サポートシステム」。

当落発表が終わり、一段落した感のある「東京マラソン2013」。前々回から「チャリティ枠」が新設されましたが、2013年大会ではチャリティのバリエーションがさらに増え、注目を集めています。
Charity.JPG

従来からあるのは、10万円以上の寄付を申込んだ人に出走権が与えられる「チャリティランナー」制度。自ら10万円用意できる人はこちらを利用すればOK。

今回、新たに設けられたのが「チャリティ・サポートシステム【Run with Heart】」です。

これはどのようなシステムかというと、「登録者が、サポーターとなる家族、友人や知人に寄付への協力を呼び掛け、寄付先団体を支援する仕組み」(公式Webサイトより)です。

寄付が10万円以上集まった時点で登録者はチャリティランナーとして東京マラソン2013への出走権を得ることができ、寄付金は任意の団体へ送られます。ただし、通常参加料10,500円は登録者自らが支払わなければなりません。

もしも寄付金が10万円に達しなかった場合、登録者は東京マラソンに出られませんが、寄付金はそのまま寄付されます。ですから、仮に出場が果たせなくても登録者や寄付者の行動は無駄にならない仕組みになっています。

誰でも登録者になれますが、単に「走りたい」普通の人では、なかなか支持は得られないでしょう。やはり登録者自身に何らかのアピール、魅力がないと10万円達成は難しいかも。

このシステムのチャリティランナー枠は3,000人(先着)。枠がぜんぶ埋まればなんと3億円寄付されることになります。マラソン大会のパワーはすごいですね。

私もさっそく少額ながらある登録者を通じて寄付してみました。寄付はクレジットカードのみの受付となりますが、簡単にできます。「これは!」と思う登録者や寄付先団体があれば、気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

東京マラソン「チャリティ・サポートシステム」

●『名古屋みちくさランニング電子版』配信中!
●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
コラム to RUN!
ランニュースPickUp
お試し!RUNグッズ
マラソン大会レビュー
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
トレイルランニング
Nike+
東京マラソン
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(2) | TrackBack(0) | ランニュースPickUp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このチャリティスタイルはロンドンマラソンと同様のものだと思います。
ただ、理解されるには少々時間がかかるかもしれません。
認識していただく上で大事なのは、チャリティランナーを通じてチャリティ団体を支援するということです。決して出場を応援するものではありません。
よって、チャリティランナー自身も寄付をすることは当然のことと思います。
登録したランナーは、是非とも自分自身を通じて寄付をし、金額0円で終わらないようにしていただきたいと思います。
Posted by 走る調律師レオ at 2012年10月02日 22:13
レオさんこんにちは。
そのとおりだと思います。「この人に走ってほしい」ではなく、「この人に託したい」ということなんです。スーザフォンならアピール度抜群なので託そうと思いました!
Posted by 名古屋RJ編集長 at 2012年10月03日 20:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif