aichiike_banner0.jpg
2_sanen2022 2.png

2012年09月19日

指タッチ心拍計機能などF-RUN GPSが進化。

ちょうど1年ほど前に試用レポをお届けしたF-RUN(ファースト・ランニング社)のGPSウォッチ。先ごろ、サイズ・お値段はそのままで大幅にスペックがアップ。ということで実機を送ってもらい、トライアルさせていただきました。
frun2_000.JPG

F-RUN GPSウォッチの新型は外観デザインに変更ありません。機能の詳細は過去の試用レポをご覧いただくとして、本日は進化のポイントと「指タッチ式心拍計機能」を備えたタイプをご紹介します。

新型GPSウォッチ(FGPS2)の最大のポイントは、GPS起動時のバッテリー稼働時間が8時間から12時間にアップしたこと。これでフルマラソン以上の距離でも電池切れを心配することなく走れます。

もうひとつの追加機能が「アシストGPS(AGPS)」。これはデータ管理ソフトウェア「GPSマスター」からGPS衛星の位置情報をあらかじめウォッチに転送することにより、GPS補足時間を短縮する機能です。

バッテリーの持ち時間が大幅にアップしていますが、お値段は据え置き。基本的な操作もシンプルなので、とくにビギナーの方にもおすすめ。

つぎにご紹介するのは「指タッチ心拍計」機能が付いたタイプ(FGPSFT)。ノーマルタイプとの違いは一目瞭然。外枠と内側に金属のセンサーが取り付けられています。
frun2_0001.JPG
frun2_003.JPG

心拍を測るときはウォッチを腕に装着してる状態で、もう片方の手の指でセンサーをタッチするだけ。10秒前後で心拍を計測してくれます。
frun2_004.png

胸ベルト式と異なり、走りながらの計測はできないのと、筋肉が発するノイズを受けやすいという短所もありますが、信号待ちごとに計測するなど「目安」として利用するにはじゅうぶん。

試用した限りではけっこう正確な数値が出ていたような印象です。「胸ベルト式は面倒だ。でも、簡易でもいいから心拍が測りたい」という方にはぴったり。

管理ソフト「GPSマスター」もGoogle Mapと連動するなど使いやすくなりました。Mac非対応というのだけがちょっと残念ではありますが・・・。
frun2_001.jpg

さて、このF-RUN GPSウォッチ、FUNRUN758が10月6日に蒲郡で予定しているランイベントにて試用体験会を開催!トライアル体験してくれた方全員にミニタオル進呈します。さらになんと・・・1名様にGPSウォッチをプレゼント!!

かなり当選確率の高いプレゼントになりそう。詳細はあさって金曜日にお知らせします。

●『名古屋みちくさランニング電子版』配信中!
●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
コラム to RUN!
ランニュースPickUp
お試し!RUNグッズ
マラソン大会レビュー
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
トレイルランニング
Nike+
東京マラソン
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | お試し!RUNグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif