highalti190701.gif
castle_0628.gif
4th_oms_01.png

2006年11月30日

ついに自転車が免許制に!?

自転車は車道(左端)を走らなければならない(例外的に走行が認められた歩道もある)。今回『自転車の歩道通行解禁へ 通常国会に道交法改正案』(東京新聞11月30日付)という記事の見出しを見たときは驚いた。ヨーロッパの自転車先進諸国のように、あくまでも「車道への自転車専用レーン整備」が大方の自転車乗りの理想であるため、車道から歩道へと自転車を追いやるような措置は、まさに「自転車行政」の大後退だと感じた。これでますます自転車×歩行者の事故が増加してしまうのではないか。と、ここまでは見出しだけをみた感想。で、本文を読んでみると・・・

どうやら自転車の歩道通行解禁は、『児童、幼児による運転や、交通量が多く車道が危険な場合』に限るとのこと。それならば納得だ。確かに小学生など判断力が未熟な場合、車道走行は危険な場合がある。たとえば違法路上駐車車両の右脇をすり抜けるとき、車体ぎりぎりに通過すると突然開いたドアに激突する恐れがある。この危険を回避するため、駐車車両からある程度距離をとって通過しなければならないのだが、あまりふくらみ過ぎると今度は後続のクルマと接触してしまう危険がある。こうした局面を瞬時に判断することは、小学生にとって少し荷が重いかもしれない。

ましてやクルマのドライバーに「自転車は車道の左端を走るもの」という意識が希薄なため(東京ではメッセンジャーの活躍により、クルマと自転車の共存が進んでいるらしい。うらやましい)、「自転車のために減速してやろう」「待ってやろう」と考える人は少ないのではないか。平気で路上駐車を犯す人の意識には、「自転車の走路をふさいでいる」という感覚など微塵もないのだろう。

一方、自転車に乗る側の無法ぶりも目に余る。無灯火、歩道暴走、ケータイ片手に運転、傘差し運転、車道の逆走などなど。記事には『警察と学校が協力し、従来の小学生を対象にした自転車安全教育を、自転車通学が多い中学生、高校生にも実施するよう求めた』とある。自転車マナー向上のためにも、これはぜひ徹底的に行ってもらいたい。というか、今まで中学・高校生に対して自転車安全教育を実施していなかったという事実に驚く。もっとも安全教育が必要な人たちを野放しにしていたわけだ。

さらに、『悪質で危険性が高い自転車の交通違反に対しては、警察が交通切符を適用し、積極的に摘発すべきだ』とも。まったくその通り! よくいった、警察庁(の自転車対策検討懇談会)! 自転車は立派な「車両」だ。現状では無灯火や片手運転などの悪質な違反に対してかなり甘い。現場のおまわりさんが摘発を躊躇しないよう、赤切符(起訴されれば前科になる恐れあり)に代わる法整備も必要だと思う。いっそ自転車も免許制にして、青切符が適用できるようにすればいい。未成年の違反金は親が支払うとか。とにかく、自転車大国への道はまだまだ険しそうだ。

 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
4th_oms_02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger