yoko_okumikawa_tabiruun.png

2012年07月18日

名古屋発 ホノルルマラソン vs NAHAマラソン。

元祖“大規模市民マラソン”といえば、毎年12月に沖縄で行なわれるNAHAマラソン。東京マラソンが始まるずっと以前から2万人以上を集める人気大会として定着しています。同時期に行なわれるホノルルマラソンもまた、リゾート・マラソンの代名詞として高い人気を誇っています。
okinawa01.jpg

ホノルル、NAHA両者ともにリゾートライフを満喫しながら楽しめる大会とあって、年間のメインイベント(旅行)に位置づけて優雅に滞在を楽しむ方も。

ちなみに那覇市とホノルルは姉妹都市で、提携25周年を記念してNAHAマラソンの第1回大会が開催された(1985年)という経緯があります。

しかし開催日程が1週間と近い(今年はNAHA8/2、ホノルル8/9)ため、「両方出場」するというリッチ&タフな方は少ないと思われます。

となるとやはり「どちらか一つ」選ばなければなりません。まず費用面で比較すると、ホノルルマラソンが日程・内容にもよりますがおおむね20万円前後〜30万円ぐらい(名古屋発の場合)。

かたやNAHAは、これも日程・内容により変わるものの5万円〜10万円あたりが平均ではないでしょうか。

費用面では圧倒的にNAHAが出かけやすいということになります。まあ、両大会を比べること自体がナンセンスではありますが・・・。

ここ最近はホノルルマラソンツアー商戦が本格化し、各社さまざまな特色を打ち出してツアー客の獲得をめざしています。もっとも多いのがコーチ(ランニングクリニック)付きのツアー。

中には有名人が参加者のサポートをする豪華ツアーも。当然、有名であればあるほどそれなりにお金もかかっていると推測されます。

ツアー料金が他と同レベルに抑えられていても「どこか削らている」可能性が大。総額だけで判断せず内容をじゅうぶん吟味する必要があります。と、偉そうにいっていますが私はホノルルもNAHAも出たことがありません。すいません。

ホノルルマラソンはすでに5月からエントリーを開始済み。NAHAマラソンは8月6日AM9時からエントリーが開始されます。私はNAHAマラソンに初参戦する予定ですが、8月6日はなんと月曜日・・・。

例年であれば即日完売することはまずないものの、「奈良」や「いびがわ」の例を出すまでもなく油断はできません。そこで、念のため午前中に休みを取ってエントリー合戦に挑むつもりです(キッパリ)。

ホノルルとNAHA。同時期に行なわれる二つのリゾート・マラソン、あなたはどちらを選びますか?

●『名古屋みちくさランニング電子版』配信中!
●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
コラム to RUN!
ランニュースPickUp
お試し!RUNグッズ
マラソン大会レビュー
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
トレイルランニング
Nike+
東京マラソン
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(2) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NAHAマラソンには二泊三日のツアー、ホノルルマラソンには二泊四日の弾丸ツアーで参加しました。どちらも楽しいです。
Posted by いいちこ at 2012年07月19日 21:40
いいちこさんこんにちは。
NAHAマラソン楽しみです\(^o^)/
Posted by 名古屋RJ編集長 at 2012年07月20日 09:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif