2012年07月09日

美浜サーキット3時間enjoyリレーマラソン。

第1回「美浜サーキット3時間enjoyリレーマラソン」を実走取材してきました。名古屋金山にあるランニング専門店「ウインドアッププラス」主催大会で、2人以上10人までのチームがタスキをつなぎ3時間を楽しく走るイベントです。当日はFUNRUN758から青年チーム5名、壮年チーム6名の総勢11名で参戦しました。
enjoy001.jpg

enjoyリレーマラソンのコースは、ふだんはカートなどがうなりをあげて疾走するレーシングコースで一周約900m。この日はとても暑く、とくにコース上は灼熱地獄と化していました。

そんな暑苦しいなかで一服の清涼剤となったのが、給水係をつとめてくれたレースクイーンのお二人。ランニングイベントにレースクイーンという、良い意味でミスマッチな雰囲気が会場全体のテンションを上げていました。
DSCN3893.jpg
DSCN3884.jpg

そして予定どおり9時ちょうどに第一走者がスタート。猛ダッシュをかます先頭グループの選手たち。楽しむことが趣旨の大会とはいえ、やはりランナーの血が騒ぐのでしょう。
enjoy002.jpg

15分ぐらいで私の番が回ってきました。前の走者からタスキ代わりの計測チップ入りウェストポーチを受け取り、カートになった気分で飛ばしました。しかし暑すぎてすぐに息切れ・・・。わずか900m走っただけで全身から汗が吹き出してきました。
enjoy003.jpg
enjoy004.jpg

ということで給水給水♪ レースクイーンからスポーツドリンクを受け取ってカラダを潤しました。
enjoy006.jpg

1周ずつで交代したため、休む間もなくすぐに順番が回ってきます。走ってはレースクイーンの元へ・・・を3時間繰り返しました。
raceqeen.jpg

レース中は電光掲示板でラップや順位をチェック。楽しむことが趣旨のため表彰はありませんが、レース後に順位表と詳細なラップ表がもらえます。
enjoy005.jpg

途中から給水コーナーに長距離ランナーの大南博美選手が。レースクイーンにトップランナー。こんな豪華な給水エイドがかつてあったでしょうか。いや、ありません。
enjoy007.jpg

さて、楽しくて暑かったenjoyリレーもあっという間に制限の3時間を迎えました。最終ラップを終えた後は自然発生的に参加者みんなで“ウイニングラン”。
enjoy009.jpg

私たちものぼりをかかげてコースをゆっくり1周。最後はみんな拍手でフィニッシュ。
enjoy0010.jpg
enjoy0011.jpg
enjoy0012.jpg

レース後はうなぎ、肉、合宿参加権など豪華賞品が当たるジャンケン大会が行なわれ、大いに盛り上がりました。
enjoy0013.jpg

みんなでワイワイ、ときどき真剣に走るリレーイベントは楽しいものです。主催者いわく来年もぜひ開催したいということですので、次回はぜひ皆さんも参加してみてください。

●『名古屋みちくさランニング電子版』配信中!
●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
コラム to RUN!
ランニュースPickUp
お試し!RUNグッズ
マラソン大会レビュー
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
トレイルランニング
Nike+
東京マラソン
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif