higashi01.png
highalti190701.gif
190801.gif

2006年10月31日

Nike+はけっこう使える。

Nike+(ナイキプラス)の装備は調った。さっそくワークアウトだ! といっても路上は走らない。Nike+の正確性を検証するため、スポーツセンターのトレッドミルを使用。走り出す前に、まずはiPod画面にてアークアウトメニューを選択する。

「タイム」「距離」「カロリー」から自由に選ぶことができ、たとえば「タイム」を30分に設定して走れば、「iPodの中にいるコーチ」が経過時間や残り時間などのrun情報を音声で教えてくれる。コーチング音声は男性・女性のうちどちらかを選択できるが、もちろん女性を選ぶ。今回は「距離」を10kmに設定して、いざスタート!

1km走ったところで「1km completed」のアナウンス(注:音声が英語なのは、スポーツキットを購入して一度もiTunesにリンクさせずに使用したため。iTunesにつなげれば自動的に日本語環境がインストールされる)。その後、1kmごとに音声が入る。5km地点では「半分すぎたわよ」みたいなコーチング。

ヒアリング力が乏しいので正確に聞き取れない。残り1kmからは100mごとに声をかけてくれる。「あと800mよ!」みたいな感じで。そしてゴールの10km地点に到達したときには「コングラチュレイションなんたらかんたら」・・・どうやら誉めてくれているようだ。10km走るのにかかった時間、消費カロリー、平均ペースなども丁寧に教えてくれる。そのまま走り続けても、ワークアウト終了ボタンを押さない限り走行データは蓄積され続ける。

さて、Nike+の正確性だが、10kmちょっと走ってトレッドミルとの表示差は400mほどだった。ちなみにNike+はより正確なデータを得るため「調整」機能が付いている。しかし今回は調整なしでいきなり走ったことを考えても、誤差は少ないといえるだろう。想像以上に「使える」という印象を受けた。(当然、トレッドミルにも誤差はあるだろうし)

さっそく家に帰り、Nike+のサイトとiPod nanoをシンクロさせる。すると、線グラフでさきほどの走行データが表示された。ちょっと感動。トレッドミルでペースが一定に保たれていたため、ほぼ直線になっている。10km地点からクールダウンに入った様子(右下がりになっている)も正確に表示されている。
nike+gamen02.jpg


5km、10kmごとの自己ベストが表示されるのも楽しみだ。
nike+gamen05.jpg


距離、時間、カロリーなどのゴール(期間目標)を任意に設定することができ、達成したらバーチャルなトロフィーがもらえる。
nike+gamen03.jpg

Nike+のおかげで、当面はランニングに対するモチベーションが維持できるだろう。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●ナイキプラス関連記事
ナイキプラスがやってくる。
待ってました! Nike+始動。
Nike+はけっこう使える。
Nike+に備えてアームバンドを購入。
Nike+用アームバンド使用レポート。
100%ランニングを継続できる方法。
新型iPod発売でNike+はどうなった!?
30km走に挑戦!のはずが・・・。
飛行機に乗るときはナイキプラスをOFFに!
Nike+と走り始めるには絶好の季節。
本当に発売する? Nike+のアレ。
iPodをリモート操作できるウォッチ登場。
Nike Amp+がついに正式発売!
●ランニング関連カテゴリー
●マラソン大会レビュー>

  
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | Nike+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger