468_60.jpg
2_sanen2022 2.png
yoko_okumikawa_tabiruun.png

2012年04月04日

エントリー料の値上げが許せる唯一の大会。

ここ2年ぐらいでマラソン大会のエントリー料が軒並みアップしているような気がします。フルは8千〜1万円が当たり前。中にはハーフにもかかわらず6千円もとる大会まで出てくる始末。そんな中、「エントリー料、もっと上げてもいいですよ!」と逆に気を使ってしまうぐらい良心的価格の大会も存在します。そう、みんな大好き!いびがわマラソンです。
ibiimage.jpg

どれぐらい安いかというと、フルマラソンでなんと驚きの3,500円(記念品有りでも4,000円)!しかも安いだけではないところが驚きなんです。

手厚いエイド、豪華ゲスト(Qちゃん、金さん、高石ともやさんetc)、写真付き記録賞、完走バスタオルは当たり前。なにより日本トップクラスのおもてなしで迎えてくれる、ナゴヤエリアが誇る超優良大会なのです。

そんないびがわマラソンが2012年大会開催に向け、3月27日に実行委員会を開きました。その結果、今年もエントリー料据え置きの3,500円に決定!拍手!!

なんとも頭が下がります。素晴らしい大会は他にもたくさんありますが、ここまで破格なエントリー料金と抜群のホスピタリティを両立した大会は、少なくとも国内には存在しないでしょう。たぶん。

2012年大会は11月11日開催。募集開始は7月2日午前0時です(先着1万人)。いびがわはこれまで数時間あるいは即日で完売ということはありませんでしたが、年々締め切りが早まっているので油断は禁物。

出場を予定している方は速攻エントリーが望ましいでしょう。なお、「いびがわマラソン」および「鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン」は、勝手にFUNRUN758の公式イベントに指定しています。みんなで一緒に参加しましょう!

●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

<いびがわマラソン関連トピック>
マラソン大会は「数日で完売」がベスト!?
2011いびがわマラソンvol.1<ステージ篇>。
ここを押さえろ!いびがわマラソン見どころチェック。
改善を重ねて進化するマラソン大会。
ナゴヤランナーの誇り!いびがわマラソンのエントリー開始迫る。
2010「いびがわマラソン」。
2009「いびがわマラソン」。
2008いびがわマラソンvol.1<人気の理由>編。

●関連カテゴリー
コラム to RUN!
ランニュースPickUp
お試し!RUNグッズ
マラソン大会レビュー
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
トレイルランニング
Nike+
東京マラソン
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif