nishio1206.gif

2012年03月01日

気軽に「輪行」気分が味わえるツアーが登場。

通常、公共交通機関に自転車をそのまま持ち込むことはできません。一部でサイクルトレインが運行されたりしていますが、まだまだ一般的とはいえない状況。高原やリゾート地など、旅先で自分の自転車を乗り回せたらさぞかし気持ちいいだろうなと思うことはあるものの、ついつい面倒くささが先立ち躊躇してしまいます。
cybus002.jpg
by kaz masuda

自転車を電車やバスに持ち込むには、いちどバラした上で輪行袋に入れて運ぶしか手がありません。手間がかかる上に荷物にもなるため、「輪行」は一般的にハードルが高いと思われがちです。

そんな、ロマンあふれるけれどもいろいろと面倒な「輪行」を手軽に実現してくれるツアーが登場しました。

その名もサイクリングバスツアー「CYBUS PROJECT」(国際興業トラベル)。文字どおり観光バスに自転車を積み込んで移動し、旅先でサイクリングを楽しむツアーです。

第一弾は「千葉県・南房総コース(東京駅発)」と「群馬県・塩ノ沢峠コース(東京駅発)」の二つ。

千葉県・南房総コースを例にとると・・・早朝に東京駅を出発して2時間あまりで千倉・潮風王国着。ここで自転車に乗り換えて海沿いを約43kmサイクリング。ゴールには先回りしたバスが待ち構えている・・・という流れ。

あくまでも「ツアー」ですから自由気ままな「輪行」のイメージとはやや異なるかもしれませんが、遠くてふだん走れない道をサイクリングしてみたいという方には最適ではないでしょうか。
cybus003.jpg
Copyright (c) 2012 Nikkei Inc. All rights reserved.

ただ、集合場所までは自転車で自走するか運ばなければなりません。今後は集合場所の増設や名古屋など東京以外発着のツアーが企画されることを期待したいと思います。自転車レース会場までのツアーがあれば、さらに需要が増えるような気がしますがいかがでしょう。

サイクリングバスツアー「CYBUS」はこちら。

●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
コラム to RUN!
ランニュースPickUp
お試し!RUNグッズ
マラソン大会レビュー
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
トレイルランニング
Nike+
東京マラソン

 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif