worker.gif
castle0221.gif
highalti190701.gif

2012年02月24日

Lunchならぬ“Run-ch”は日本に定着する?

早朝、出勤前に走るという朝ラン派が私の周りでもたくさんいらっしゃいます。もちろん私のように、朝が苦手で平日のランニングはどうしても夜になってしまうという方も。では、仕事の「昼休みに走る」という人はいったいどれだけいるのでしょうか。
run-ch.jpg
イギリスのあらゆる情報を発信する「online ジャーニー」によると、英国では昼休みにランニングをたしなむ人が、なんと200万人もいるとのこと(デイリー・テレグラフの報道より)。

日本のランナー人口が883万人(笹川スポーツ財団調べ)であることから推測すると、200万人という数字がいかに多いかわかります。

イギリスのランナー人口がいかほどなのか不明ですが、ランナーのうち少なからぬ人たちが昼休みに走っていることになるのでしょうか。

私はこの報に触れたとき、てっきり「イギリスの昼休みって長いんだ」と思いました。もちろんシエスタの習慣はイギリスにはありませんから、昼休みはおおむね日本と同じ1時間だといいます。

ユニークなことに現地では、昼休みに走ることを「Lunch」ならぬ「Run-ch」と呼んでいるのだとか。

熱心なRun-chランナーは1回あたり約4.8kmの昼休みランを週3回もこなしているそう。

『昼休みに運動することで仕事の効率があがり、職場の上司にも、健康管理ができているとの好印象を与えることができてプラスになると考えている』(online ジャーニー)実情も明らかになったそうです。

日本では朝ランや夜ランはポピュラーでも、「昼休みラン」は一部のガチ系市民ランナー以外はあまり聞きません。

とくに都心部ほどランチ難民になる可能性が高いため、走るどころではないのかもしれません。日本人特有の潔癖さから、汗をかきすぎるのはビジネス上よろしくないという考えもあるのかも。

しかしこうした問題があるにせよ、昼休みに20分だけでもスパッと走る習慣をつければ、記事でも触れていた「仕事の効率が上がる」可能性は高いような気がします。

それも、午前中に調子が上がらなかった日はとくに有効な気がしますがどうでしょう。汗をあまりかかない冬のうちにいちど試してみたいと思います。

●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
コラム to RUN!
ランニュースPickUp
お試し!RUNグッズ
マラソン大会レビュー
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
トレイルランニング
Nike+
東京マラソン
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(2) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
某自動車で働いていた時には、お昼休みになると着替えて、昼食の前に走っていました。会社の敷地内を1周すると、2.18kmでした。気分が乗って入る時は2周してました。走り終わって、芝生の上でお弁当を広げて食べました。懐かしい昔の話です。走り始めたのもその頃です。
Posted by ミカエル at 2012年02月26日 23:04
ミカエルさんこんにちは。
Run-chのあとに芝生でお弁当・・・いいですね!意外と昼休みって持て余すので、15分でも走る習慣をつけると午後からシャキッとしそうですね。
Posted by 名古屋RJ編集長 at 2012年02月28日 18:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger