nishio1206.gif

2019年10月28日

ホエールウォッチングも楽しめる!南の島のマラソン大会。

今年も残すところ2ヶ月。市民ランナーの興味は早くも来年春以降の大会へと向いているのではないでしょうか。しかし、ランナーの中には「抽選大会は予定が組めないのでパス」「都市型大規模マラソンのエントリー合戦に疲れた」という方も。本日はそんなランナーにおすすめの大会をご紹介します。
kujira01.jpg

大会の名はとかしきマラソン(2015年大会より「鯨海峡とかしき島1周マラソン大会」から名称変更)。沖縄本島から高速船で1時間の渡嘉敷島で開催されるハーフマラソン大会(10km、5km、3kmの部もあり)です。

開催15年目を迎える歴史ある大会で、定員は全部門合わせて830人(ハーフは500人)。エントリー料金はふれあいパーティもついて4,000円(全部門・一般)です。

このマラソン大会の独自色とは、ずばり「ホエールウォッチング」ができること。コースは海岸線ばかりを走るわけではありませんが、運がよければときおりのぞく波間にクジラが潮を吹く様子を見られる・・・かもしれません。レース中に見られなくても、別途1,500円でホエールウォッチング(船からウォッチ)が楽しめます。

さっそく過去大会のRUNNETのレポをチェック。過去の投稿を読んでみるといずれも高評価です。

そのうちの一部を紹介すると・・・「島全体で盛り上げようとの気持ちがびしびし伝わってきました」 「マッサージや泡盛、地元料理のサービスなど楽しめた」 「大抽選会の後は、飲めや歌えの大宴会」「島民の皆さんの見送りに、帰りのフェリーで泣きそうになりました」 「どれもこれも規格外の素晴らしい大会」 「紙テープが何本も投げられ、島を離れるときは自然と涙が」・・・などなど、読んでいるだけでワクワクする感想ばかり。

次の第15回大会は2020年2月1日(土)開催。エントリーは明日12月6日まで。先着順です。来年は南の島でゆったりクジラを眺めながらの観光ランはいかがでしょうか!エントリーはRUNNETからどうぞ。

とかしきマラソン公式Webサイトはこちら
とかしきマラソンfacebookページはこちら

<レース納めはこの大会>
12月22日開催!「愛知池ハーフマラソン&ファミリーラン」のエントリーは11/10まで。先着順につき、早期に締め切られる場合があります。いますぐエントリーを!


pc_aichiike.gif
 sawayaka2019_1.gif
highalti190701.gif
1001.gif

 
posted by 名古屋RJ編集長 | RUNイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif