worker.gif
castle0221.gif
highalti190701.gif

2012年01月23日

ランニングで家庭崩壊!あなたは大丈夫?

久々の小町ネタです。熱狂的なファンが多い読売オンラインの「発言小町」。じつはランニング関連のトピックも多く、たまにチェックするとネタになりそうな話題がアップされていたりします。きょう取り上げるのは、ランニング好きのお父さんたちには少々頭の痛いお話・・・。
runimage1000.jpg

トピ主(相談トピックを作成した人)は40代前半の主婦。相談を要約すると、「夫がランニングバカ過ぎて困っている」というもの。

2年前から走り始めたというトピ主のご主人。『それはいいのですが』と、走ること自体は認めているようです。では、一体何に対して困っているというのでしょうか。

トピ主いわく、『毎月遠方マラソン大会に(取引先の独身男性と)エントリーし週末に2、3泊家を空ける事がここ2年続き趣味優先の夫にイライラしてます』とのこと。

この時点で「ドキッ!」としている方はたくさんいらっしゃることでしょう。私の身近にもこうしたお父さんランナーが少なからず存在します。

しかし、たとえば「走った後のウェアは自分で洗う」、「家族サービスは欠かさない」など、それなりにうまく誤魔化して・・・いや、工夫している人ばかり。

ところがトピ主のご主人は、『子供の受験、引っ越しが重なる2月3月はさすがに行かないだろうと思っていましたが、またまた大会にエントリー』していたんだそうです。

おまけに『「俺が家に居たところで何もならない」 と言い休日も朝からスポーツクラブに』出かけてしまうんだとか。さらには『「俺が稼いだお金をどう使おうが勝手 !」』と禁断のセリフまで。奥さんをうまくなだめるどころか、火に油を注ぐ始末・・・。

トピ主は『趣味のある既婚者男性、私のような立場の奥様、ストレスで爆発しそうな私に意見を是非お願いします』と結んでいます。

これに真っ先に同調したのはnonmamaさん。『うちの旦那もマラソン好きというかジョキング好きで、ふいにいなくなります。平気で1時間、2時間はいなくなります(平日・休日問わず)』。

ふいにいなくなる・・・奥さんの目を盗んでコソッと出かける様子が思い浮かびます。やはり後ろめたい気持ちがあるのでしょうか。

もしご主人がゴルフ三昧だとしたらどちらのほうがお金、かかります?』と違う視点から回答するのは主婦youさん。たしかにマラソンはゴルフより安上がりだと思いますが、トピ主さんは金銭的な面だけを問題にしているわけではないような気がします。

何も分かってないな』と手厳しいのはnananaさん。『走り込んだからにはレースに出てタイムを計りたくなるのは自然。限られた時間で両立するのははっきり言って無理』と冷たく突き放します。

さらには『しっかり働いてんならだまって趣味に打ち込ませてやれ。たかがマラソンで我慢の限界とか大げさなんだよ』とバッサリ。・・・そこまで言わなくてもと、トピ主さんが気の毒になってきました。

ルルさんは『一緒にマラソンをするのはどうでしょう?』と提案。さささんは『気にするだけ損』、ひまりさんは『最近は夫の影響で私もマラソンを始めました。二人で大会にエントリーするのも楽しいですよ!』とアドバイス。

・・・という具合に、トピ主さんの相談に対してたくさんの回答が寄せられていました。回答は「私もムカつく!」と同調する人、「多めに見てやれ」とご主人側に立つ人、そして「一緒に走れ」とランニングを進める人の3パターンに分かれていました。

トピ主のご主人、もう少し奥さんの声に耳を傾けてうまく振舞えば、これほどまでに怒りを買うことはなかったような気がします。

「ランニングで家庭崩壊」「マラソンで人生破滅」・・・ブームのカゲでそんな恐ろしい現象が起こっているのかもしれません。あなたの家庭は大丈夫ですか?

※『』内はYOMIURI ONLINE 発言小町より引用。

<発言小町関連トピック>
ランニングの誘いを苦痛に感じる人は多い!?
ナイトランで黒いウェアは道交法違反に!?


●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
コラム to RUN!
ランニュースPickUp
お試し!RUNグッズ
マラソン大会レビュー
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
トレイルランニング
Nike+
東京マラソン

 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(2) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
走らせてもらっている、感謝の気持ちは、やはり家族に対しても持つべきでしょうね。

走りたいけど、家族と一緒に食事に行ったり、買いものに行ったりして、家族とともに時間を過ごすことも大切ですね。

僕の場合、シリアスランナーではなくて、ファンジョガーなので、練習時間をシビアに考えていないからの発想かもしれません。
Posted by ミカエル at 2012年01月23日 23:48
ミカエルさんこんにちは。
コメントに気づくのが遅れました。すいません。みなさんそれぞれ苦労されているようですね。遠征は家族旅行を兼ねるとか、工夫が必要なようです。家族をランニングの趣味に巻き込んでしまうのが一番かもしれませんね。
Posted by 名古屋RJ編集長 at 2012年02月06日 10:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif