worker.gif
castle_200728.gif

2011年11月15日

2011いびがわマラソンvol.2<レース篇>。

朝からなんとなくテンションが上がらなかった今回の「いびがわマラソン」。しかしランナーの性でしょうか、いざ号砲を聞くと自然に脳内がお祭り状態に。気がつけば「オラオラどけオラオラ〜〜」と心の中で雄叫びをあげるなどいつもの調子を取り戻していました。
ibi2_08.jpg

とはいえスタート直後はウォーキング状態。エネルギーを浪費しないようゆっくり歩きます。
ibi2_01.jpg

徐々にQちゃんたちが乗ったゴンドラが近づいてきました。
ibi2_06.jpg

ゴンドラの真下に到達。ここぞとばかりにデジカメで連写しまくり。
ibi2_04.jpg

序盤に登場するちびっこ鼓笛隊の撮影にも成功。幸先よさげです。
ibi2_03.jpg

井の口橋あたりからランナー密度が低くなり、自分のペースで走れるようになりました。
ibi2_02.jpg

調子のいいときはペースを抑えようとしても抑えられず突っ込んでしまうのですが、今回は意識してもなかなかペースが上がりませんでした。

前回大会ではベストに迫る好タイムを記録しただけに焦る気持ちはあったものの、「前半抑えて後半ペースアップする」という、未だかつて経験したことのないレース展開ができるチャンスと割りきってのんびりいきました。

走りながら揖斐峡の秋を堪能。紅葉にはちょっと早かったかも。
ibi2_010.jpg

スタート時は高温レースになることを覚悟しましたが、途中でミストシャワーのような霧雨が降ってきました。これが実に心地よく、まさに恵みの雨でした。

例年、盛大な応援でランナーを迎えてくれる藤橋地区。ちょうど中間地点でもあり、後半戦に挑むための勇気も与えてくれます。
ibi2_07.jpg

中間地点まではおおむね4分50秒〜5分に収まっていましたが、30km地点を過ぎたあたりで途端に脚が動かなくなりペースダウン。31km以降は6分台に落ち込み、以降、最後までペースを回復することはできませんでした。
ibi2_09.jpg

前回より5〜10秒も抑え気味に走った(前半)のにもかかわらず、結局30kmで脚が終わってしまったのは少なからずショックを受けました。

35km過ぎからはまさに地獄・・・。脚の痛みに加え、今まで感じたことのない激しい肩の痛みに襲われたのです。フルマラソンを走ると左肩がよく凝るのですが、今回はとりわけ強烈でした。さらに追い打ちをかけるかのごとく肺(肋間筋?)にも刺し込むような痛みが・・・。

ただ、痛いとはいえいずれも筋疲労の域を出ていないのは明らか。つまり「練習不足による痛み、苦しさ」に過ぎません。たとえば気持ち悪いとか目眩がするとか緊急事態ではないので、リタイアや休憩は断じて許されなのいです。拷問のような全身の痛みに耐えながら前に進むのみ。

フルマラソンには過去15戦ほど出場していますが、これだけキツイのは真夏の北海道マラソンを除いてナンバーワンです。いったいこの仕打はなんなのでしょうか!

やがて38kmあたりで3時間45分のペーサーに抜かれ、目標を急遽サブフォーに切り替え。とにかく「走る続けること」「6分台を死守すること」だけを考えて脚を前に出しました。

しかし41km地点で左肩の痛みがますますひどくなり、まるで釘を打たれたような鋭い痛みが。尋常じゃない激痛に「これはいかん!」と危険を感じ、歩きながら肩をマッサージ。ここでついに恥ずかしながら少し歩いてしまいました・・・。

そしてゾンビのようにフラフラになりなが42km地点に到達。あと195m。いつもならどれほど疲れていてもフィニッシュ手前はシャキッと走ることを心がてけいるのですが、今回はムリでした。

フィニッシュラインを超えた途端、これまた経験したことのない症状に襲われました。目の前が暗くなり、スーっと意識が遠のきかけたのです。「ダメだ!倒れちゃいかん!」と自分に言い聞かせてなんとか持ちこたえ、事なきを得ました。

・・・こうして、予想だにしないまさかの展開となった2011いびがわマラソンが終了。タイムは前回より30分も遅い、ワーストから2番目という結果に終わりました。

レースから2日経ったいま、あれだけつらかったはずなのに思い出すのは楽しいことばかり。来年もかならず「いびがわ」に帰ってきたいと思います!ボランティアのみなさん、応援していただいた皆さん、ありがとうございました。

さて、次の日曜日はいよいよ第1回「神戸マラソン」。私も参戦します。「レースでファンランはあり得ない」主義ですので、もちろん真剣に走ります。体がどうなるかわかりませんが、まあ、なんとかいけるんじゃないでしょうか。

●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
コラム to RUN!
ランニュースPickUp
お試し!RUNグッズ
マラソン大会レビュー
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
トレイルランニング
Nike+
東京マラソン

 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(3) | TrackBack(0) | マラソン大会レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残り5〜6キロ付近で抜かしましたが、やっぱり参加されていたのですね
調子悪そうでしたが、ゆっくり休んで回復して下さい
いびがわは来年も参加したい良い大会だと思います
神戸にも参加しますので、よろしくお願いします
Posted by アルフ1827 at 2011年11月15日 23:22
アルフ1827さんこんにちは。
いびがわは楽しかったですね。神戸もEXPO含めて楽しみです。お互いがんばりましょう!
Posted by 名古屋RJ編集長 at 2011年11月16日 21:22
左肩が痛くて胸が痛くなるのは狭心症の症状ですよ、気をつけて!
Posted by けん at 2012年02月12日 01:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif