aichiike_banner0.jpg
2_sanen2022 2.png

2006年08月01日

〈期間限定〉万博回顧1〜シンガポール館〜

愛・地球博が閉幕してから、あと2ヵ月で1周年を迎える。
そこで、期間限定で万博の思い出を写真とともに振り返りたい。
まずは「シンガポール館」。
ここは私が初めて“万博らしさ”を感じたパビリオンだ。

開幕当初、入場者数は4万人〜5万人台で推移しており、
「日本館」や「大地の塔」をはじめ、
企業館ですらスタッフが呼び込みを行っていたほど
“見たい放題”の状態だった。
外国館にいたっては閑散とした雰囲気すら漂っていた。

私の初万博は開幕二日目の土曜日。
雪が降るほど寒かったのを憶えている。
まずは実際に渡航経験がある国のパビリオンを見ようと、
東南アジアの国々が集うエリアへ。
独特の香料の匂いがあたり一面に満ちている。

ベトナム、ラオス、マレーシア、タイと立て続けに見て歩く。
小旅行気分は味わえたが、どこも「展示」が中心で今ひとつという印象。
最後に入ったのがシンガポール館だった。
「ここもかわり映えしないかな」と思いかけたその時、
突然、華やかな音楽とともに色とりどりの衣裳を身につけた
ダンサーたちが現れ、階段状のステージで踊り始めた。
見ている人は私を含めて10人ぐらい。
それでも一所懸命、しかも心から楽しそうに踊る姿は爽やかだった。
このとき、「これが万国博覧会か」と思ったものだ。

やはり国の個性やパワーは、
モノの展示や映像だけでは伝わらないと感じた。

その後、愛知万博の入場者数は急上昇。
春も終わる頃からシンガポール館のショーは大人気となり、
とても開幕当初のように、気軽に見ることはできなくなった。

singapore.JPG  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) |     | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif