exporelay2017.jpg
banner2-01.png
westin170922.gif

2010年11月24日

2010「名古屋シティマラソン」。

2010名古屋シティマラソンを体験取材してきました。事前の週間天気予報では「雨中レース」を覚悟しましたが、雨の日が1日ずれてくれたため当日は絶好のマラソン日和となりました。
10nagoya_track.jpg

例年ですとゆっくり会場入りするんですが、今年は「FUN! RUN! NAGOYA Project(#funrun758)」 用の陣地を確保するため受付開始30分前の朝7時に瑞穂競技場到着。

しかし!ベストポジションにはすでに先客が・・・。やはり皆さん考えることは同じのようです。ところで今回の#funrun758「名古屋シティを走ろう会」はツイッターのみの呼びかけにも関わらず、いろんな方が遊びにきてくれました。ありがとうございます。

私が出場した一般ハーフの部は10時10分スタート。それまでの時間はみなさんとおしゃべりしたりおやつを食べたり、楽しくまったり過ごしました。やがて号砲の20分ほど前、スタート待機場所へと移動。

スターティングエリアは申告タイム順にエリア指定されているんですが、相変わらず無視する選手だらけ。長野や東京でこんな状態になることはまずあり得ません。マナーの悪さに、ナゴヤランナーとしてなんだか恥ずかしくなってしまいました。序盤の大混雑を引き起こす一因になっているのではないでしょうか。

さて、私たちのスタートの10分前には名古屋シティマラソンと同時開催、というかメインの「名古屋ハーフマラソン(公認ハーフ)」がスタートしました。シティマラソンとはコースも異なる別物であり、世界レベルのエリート選手の走りを間近で見られる楽しみがあります。
kounin_top.jpg
kounin2.jpg

今年はつい先ごろ「ユティック」に入社した大南姉妹が出場するということで、待機エリアの最前列に陣取ってカメラを構えました。下の写真右端が大南博美選手。ナンバー21。双子のお姉さんのほうです。
hiromisan1.jpg

妹の敬美選手は練習の一環としての出場。ユニフォームは着ていません。
takamisan1.jpg

大南姉妹を見送ったあと、いよいよ私たち一般ハーフ部門のスタートです。例年どおりカウントダウンなしのいきなりの号砲。序盤の大渋滞は織り込み済みでしたが、今回は「90分切り」という大きな目標があるためやはり焦りました。
startmae.jpg

最初の1kmが5分17秒もかかり、設定ペースからいきなり60秒の借金。しかし条件はみんな同じだと気を取り直し、2km以降は4分15秒という設定ペースを守ることに集中しました。

当日の天候は晴れ。気温はやや高かったものの、暑さでパフォーマンスが落ちるほどではありませんでした。ただ、いつになく風が強く、とくに往路の向かい風にはじりじりと体力を奪われました。

桜通りにさしかかると、ほどなくしてトップの選手が反対車線に。ブレブレですがなんとかカメラに収めました。スズキのマサシ選手です。
masashi.jpg

折り返してくるエリート選手を眺めながら走ると、気が紛れて一時的に疲れを忘れます。と、大南博美選手の姿が見えたので慌てて激写!大南選手はこのまま順位を変えることなく2位フィニッシュ。DNSしてもおかしくないほど体調不良のなか、よくがんばったと思います。
hiromisan2.jpg

名古屋国際女子マラソンでは「魔の関門」となる桜通大津交差点付近。繁華街が間近で走路も広いため、「都市型コース」をもっとも実感できるポイントでもあります。
sakuradori1.jpg
shiyakushmaee.jpg

やがてラスト6kmぐらいで10km部門の大集団と合流。「待ってました!」とばかりに、次々とランナーを抜いていく快感をかみしめながらフィニッシュまでのカウントダウン体勢に入りました。「90分切り」が絶望的だとわかったのは残り3km地点ぐらい。

「もうダメだ」と心が折れそうになったところでトラブル発生!後ろから走ってきたランナーに思いきりぶつかられ転倒しそうになったのです。しかも謝りもしないで行ってしまうではないですか。「こいつには負けられん!」という思いが沸々とわき上がり、抜き返した勢いそのままに驚異のラストスパート敢行。

13km地点から4分20〜30秒台に落ち込んでいたラップを、残り3kmは4分一桁前後に押し上げてそのまま怒りのフィニッシュ。目標の90分切りには1分少々及びませんでしたが、自己ベストを8秒更新することができました。もしも怒りパワーが発動されなかったら、おそらくフィニッシュタイムは33分ぐらいになっていたかもしれません。ありがとう、怒りパワー。怒りパワー、恐るべし。

レース後は有志8人でチャーシューのおいしいラーメン屋さんへ。ところがここでもハプニング発生!全員注文した生ビールが、なんと4人分で売り切れという信じられない事態に見舞われたのです。「誰が生ビールを飲むか」という暗黙のせめぎ合いのなか、おじさんの「瓶ビールならあるよ」というひと言でなんとかその場が収まりました。

その後、久屋大通で高橋監督(元トヨタ車体陸上部監督)と大南姉妹に久しぶりにお会いし、3人の“元同僚”塚野コーチがいらっしゃるランアップへ遊びにいきました。博美選手は風邪のため咳き込んでおり、ちょっと苦しそうでした。あの状態でよく出走を決意したと思います。新たな所属先であるユティックのユニフォームのお披露目レースですから、多少無理をされたのかもしれません(注:右が姉の博美選手、左が妹の敬美選手です)。
ohminamishimai.jpg

さて、今回で11月開催の「名古屋シティマラソン」は一旦終了します。復活する際にはぜひ、「一般市民ランナー思いの素晴らしいホスピタリティを持つ大会」に生まれ変わってほしいと切に願うばかりです。

選手の皆さま、ボランティアの皆さま、たいへんおつかれさまでした。

●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
●『名古屋みちくさランニング。』取扱い書店について。
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
コラム to RUN!
ランニュースPickUp
お試し!RUNグッズ
マラソン大会レビュー
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
トレイルランニング
Nike+
東京マラソン  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン大会レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も先日名古屋シティマラソンを初めて見に行きました。
人がたくさんでビックリ!そして、公認選手の速さを目の前で見てに超ビックリでした。
今年で最後というのが、とても残念です。
この記事を読み、また当日のワクワク感が蘇ってきました♪

コチラに、このような書き込みをする事が、とても的外れである事を充分承知した上で、お聞きいたします。

名古屋RJ編集長様がこの記事を書かれているのでしょうか?
毎年走られているようですが、TV放送は録画されていますでしょうか?
もし、録画されているようでしたら、2006年〜2009年まで見せて頂けないでしょうか?

また、どこかで見れるよ。と言うスポットなど、ございませんでしょうか?
唐突に、変なお願いで申し訳ございません。
どうか、宜しくお願いします。

Posted by 中川 at 2010年11月27日 15:55
中川さんこんにちは。
名古屋シティマラソンは2012年から3月開催になるため、これからも続きますよ!名古屋ランニングジャーナルの記事はすべて私が書いております。名古屋シティは毎年録画して見ていますが、見終わった後は消してしまうので残ってないんです・・・。どこかで観られるという話は聞いたことがありませんが、シティマラソン事務局でもあるスポーツ振興会館のスポーツ情報センターをあたってみてはいかがでしょうか。http://www.nespa.or.jp/shisetsu/center/index.html
Posted by 名古屋RJ編集長 at 2010年11月29日 11:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
banner_340x80.jpg
runj1baner.gif
banner2-02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger