nightrunnagoya2017.gif
westin0508.gif
hakusan.gif

2010年11月10日

知らない町を走ってみたいvol.17【小谷城跡】

2011年のNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」。その舞台の一つである小谷山をトレイル歴史ランしてきました。
azaidouzou.jpg

「江」とはいうまでもなく浅井長政の娘「お江(小督)」のことで、いわゆる浅井シスターズの末っ子。彼女たち幼少のころ住んでいたのがかつて小谷山にそびえていた「小谷城」です。
odani_kouyou.jpg

当日はこの「小谷城跡」をめざして歴史ランを敢行しました。小谷山の標高は495メートル。登山ルートがしっかり整備されており、故意に道を外れない限り迷うことはないと思います。
odani_michi.jpg

ただ、恐怖を誘ったのがいたるところにデカデカと掲げてある「クマ出没注意」の看板。けっこう頻繁に目撃されているらしく、「熊鈴の携帯」「単独で入山しない」ことを強く呼びかけていました。

さて、小谷山とその周辺は浅井・朝倉軍 vs 織田信長軍の激闘の舞台となったことから、歴史ファンを中心に訪れる人が絶えません。かなり上のほうまでクルマでアプローチできますが、来年、大河ドラマが始まるとかなりのラッシュが予想されます。

登山ルート上、とくに危険な箇所はありません。それでも上り一辺倒はやはり疲れます。ふもとから1時間ぐらいたった頃でしょうか、とつぜんフラットな開けた場所に出ました。どうやらここは「大広間跡」とのこと。
odani_oohiroma.jpg
今から4百数十年前、ここを浅井家とその配下の人たちが往来していたのでしょうか。そう考えると感慨深いものがあります。

ここが本丸跡。看板以外、なにもありません。
odani_honmaru.jpg

さて、わざわざこの小谷山まで走りにきたのには理由があります。それはズバリ「琵琶湖に沈む夕陽」を見ること。小谷山の山道の数カ所から琵琶湖を望むことができますが、もっとも美しい眺望がのぞめるのは「桜馬場跡」付近からだといわれています。
odani_sakurababa.jpg

たまたま通りかかった観光ガイドのおじさんにお話を伺ったところ、数日前にお江役の上野樹里さんなどが訪れ、桜馬場の夕陽スポットで撮影が行われたそうです。

これが桜馬場から見た琵琶湖・・・まだ太陽が高い位置にあります。せっかくなので寒さに耐えながら待つことにしました。
odani_yuuhi0.jpg

やがて1時間後、いよいよ陽が沈みます。う〜ん、美しい。ちなみに琵琶湖の真ん中に浮かんでいるのは竹生島です。
odani_yuuhi.jpg

と思ったら、あっという間に地平線の中へ隠れてしまいました。
odani_yuuhi2.jpg

ふと気づくと、あたりは闇に包まれようとしています。よく考えたらここは浅井家の怨念が渦巻いているところ。そう考えると急に怖くなってきました。夕陽の余韻にひたることなく一目散で下山。幸いにも熊に出合うこともなく、無事にトレイル歴史ランを終えることができました。小谷城、獲ったどー。

ご注意:小谷山付近では熊が頻繁に目撃されているようです。単独での登山は控えましょう。入山するときは必ず熊鈴などを携帯し、絶えず音をたてている状態を維持してください。


大きな地図で見る

●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
●『名古屋みちくさランニング。』取扱い書店について。
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●観光ラン「知らない町を走ってみたい」シリーズはこちら。
ぜったい楽しい! 「観光ラン」のススメ。
知らない町を走ってみたいVol1【函館】
知らない町を走ってみたいVol2【富山・八尾町】
知らない町を走ってみたいVol3【片山津温泉】
知らない町を走ってみたいVol4【沖縄・那覇】
知らない町を走ってみたいvol.5【東京・皇居】
知らない町を走ってみたいvol.6【飛騨高山】
知らない町を走ってみたいvol.7【京都】
知らない町を走ってみたいvol.8【奈良・明日香】
知らない町を走ってみたいvol.9【日本大正村】
知らない町を走ってみたいvol.10【長浜〜彦根】
知らない町を走ってみたいスペシャル【東京みちくさランニング】
知らない町を走ってみたいvol.12【大阪城】
知らない町を走ってみたいvol.13【岐阜・高橋尚子ロード】
知らない町を走ってみたいvol.14【岐阜城攻略】
知らない町を走ってみたいvol.15【長野・松本】
知らない町を走ってみたいvol.16【札幌】

●関連カテゴリー
コラム to RUN!
ランニュースPickUp
お試し!RUNグッズ
マラソン大会レビュー
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
トレイルランニング
Nike+
東京マラソン  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅ランのすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168965334
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger