top_sawayaka2020.gif
worker.gif

2010年09月30日

太っ腹!企業が地域住民にランニングコースをプレゼント。

長野県上田市のとある企業が、社員の福利厚生施設として自社敷地内にランニングコースを整備しました。ここまではとくにめずらしい話ではありませんが、この企業はじつに太っ腹。コースを社員だけでなく地域の人たちにも無料開放、しかも予約なしでいつでも好きなときに利用OKといいますからうらやましい限りです。
runimage0003.jpg
※イメージ

地域住民に本格ランニングコースをポンッとプレゼントしたのは、上田市で電気計測器製造を手がけるHIOKI(日置電機株式会社)という会社。16日にお披露目されたコースは1周450mで、幅3メートルのコースが2レーン。雨の日でも使えるよう、国際陸連の規格にも合格する透水型陸上トラック専用素材を使用しているそうです(総工費はなんと2千万円!)。
hiokirun.jpg
Copyright(C) 2008 HIOKI E.E. CORPORATION. All rights reserved.

「誰でも自由に使っていいよ!」なんて、なんともきっぷがいい会社じゃありませんか。駐車場を囲むように整備したため惜しくも陸上トラックより50mだけ長くなっちゃいましたが気にしない!サーフェスが陸上トラックと同等で、歩行者や自転車にジャマされずランニングに集中できるコース。なんどもいうけどうらやましい。

名古屋にも市民が利用できる陸上トラックは存在しますが、「いつでも自由に」というわけにはいきません。ナゴヤエリアには製造業を中心に大きな企業がたくさんあるので、どこかつくってくれないかな・・・無理か。

●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
●『名古屋みちくさランニング。』取扱い書店について。
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
走れ!ランニング
ランニュースPickUp
マラソン大会レビュー
トレイルランニング
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
Nike+
東京マラソン

      

タグ:HIOKI
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(2) | TrackBack(0) | ランニュースPickUp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナゴヤエリアには製造業を中心に大企業がたくさんあるので、自社有地じゃなくてもトラックじゃなくても、公共の公園や河川敷のコースを整備してもらいネーミングライドでCSRとする・・・とかくらいはして欲しいです、勝手な言い分ですがw 利権のからんだ妙な大会のスポンサーを嫌々引き受けてもらうよりも、よほど真っ当なメセナに思えるんだけどなぁw
Posted by 帰山人 at 2010年10月01日 14:44
帰山人さんこんにちは。
ネーミングライツで整備とはいい考えですね。個人的には、夜でも安心して走れる環境を作ってもらうとありがたいです。自治体と協同でどこかやってくれないかな〜。
Posted by 名古屋RJ編集長 at 2010年10月03日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif