worker.gif
castle0221.gif
highalti190701.gif

2010年08月23日

手首の角度ひとつで走りが変わる。

チームe3のランニング・クリニックに参加してきました。今回のテーマは「姿勢が良くなる腕振り」。前期の第1回目と同じテーマですが、新ネタが充実していたためトピックとして取り上げます。
e3_0821hyoushi.jpg

準備体操のあと、まずは数人ずつにわかれてウォーキング。腕を内向きに振っている人や手首が反っている人など、コーチが一人ひとりのクセを指摘し、改善点をアドバイスします。
e3_udehuricheck.jpg

指摘されたポイントをふまえ、つぎはランニングに移行。ウォーキングと異なり、ランのほうがクセが顕著に出てしまうようです。
e3_foamcheck.jpg

この日の最大のポイントは「手首の角度およびこれに連動する肩甲骨のポジション」。たとえば直立姿勢で、前方に「手の甲を向けた状態」と「手の平を向けた状態」、どちらがラクでしょうか。

じつは手の甲が前方に向くと肩甲骨が閉じてしまいます。すると胸が圧迫された状態になり、呼吸に影響をおよぼすそうです。いちど試してみてください。その違いがわかるはずですから。当日はレントゲン写真で実際に胸が潰れている様子を見せてもらいました。
e3_haitsubureru.jpg
手の向きが違うだけでここまで胸が圧迫されているとは驚きです。たまに、とくに女性の方で手の甲を前方に向けて肘を左右に振りながら走っている方がいます。これだと「ワキが開く」「肺が圧迫される」「猫背になる」・・・と、いいことがありません。

コーチいわく、「手首はやや内側に曲げる(骨は一直線になっている)」のがベストポジションなんだとか。ただし「意識しすぎるのもよくない」とのこと。効率的で美しいランニングフォームを身に付けるには、やはりふだんからの反復が大切なようです。つぎのランニング・クリニックは9月5日(予定)。有料(ビジター1,000円)ですがどなたでも参加できます。

詳細はe3gripホームページで

●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
●『名古屋みちくさランニング。』取扱い書店について。
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
走れ!ランニング
ランニュースPickUp
マラソン大会レビュー
トレイルランニング
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
Nike+
東京マラソン
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(2) | TrackBack(0) | RUNイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時々ですが、貴ブログに立ち寄り、参考にさせていただいている、ロートルジョガーです。

本日のMyブログに この手首の角度についての記事を一部引用させていただきました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
Posted by 甘ん at 2010年08月26日 08:57
甘んさんこんにちは。
引用大歓迎です。バンバン引用してください!
手首の位置に関してはe3gripさんの
ホームページに詳細が載っていますので、
ご参考になさってください。
Posted by 名古屋RJ編集長 at 2010年08月26日 11:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif