yoko_okumikawa_tabiruun.png

2010年05月21日

山に潜むトレイルランニングの恐怖!

ロードシーズンが終わり、いよいよトレイルランニングの本格シーズンを迎えました。野山や高原をさっそうと駆けぬける爽やかなイメージのトレランですが、実際の現場では底知れぬ恐怖を感じることも少なくありません。
trail_kyouhu.jpg

恐怖1・・・ヘビさんに出合う。
元々の森の住人を「恐怖」扱いするなんて人間の身勝手というべきですが、怖いものは怖いんです。シングルトラックをふさぐようにヘビが横たわっていると、その気持ち悪さに身がすくんでしまいます。ヘビもこちらに気づくとパニックになり、中には突進してくるものもいるから始末におえません。

恐怖2・・・毛虫さんが服の上を這っている。
ヘビと同じく、毛虫も見るだけで身の毛がよだちます。とくに大きな毛虫を見ると全身の毛穴がマックスで開くようなゾゾワ〜〜とした感覚に陥ります。熱帯の国などにいるツノがいっぱいはえたようなやつに出合ってしまったら、おそらく気絶すると思います。

恐怖3・・・大量の羽虫をお口いっぱいに吸い込む。
怖いというかウザいです。とくに水辺の近くには、蚊よりも小さい羽虫が群れをなして飛んでいます。離れても離れてもまとわりついてくる虫の軍団。油断していると、モロに吸い込んでしまいそうで気持ち悪いです。

恐怖4・・・蜘蛛の巣に顔面を捕獲される。
これ、むしろ迷惑なのは蜘蛛のほうなんですが。よりによってちょうど顔面の位置に巣を張るものですから、スピードに乗った状態でモロに蜘蛛の巣を顔面で受け止めてしまうケースがあるのです。スパイダーマンの顔の模様をイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

恐怖5・・・ホバリングしている巨大なハチみたいなのにつけ回される。
その大きさから一瞬「スズメバチ!?」と身構えるんですが、どうもハチではないようです。いますよね、デカイ図体してホバリングしてる虫。アブ? で、襲ってくるわけでもないんですけど、微妙な距離をとりながらなぜかついてくるんです。デカイだけに怖いんですが、敵意はないようなのでとりあえず放っておきます。

恐怖6・・・わけもなくガサガサ音がする。
シングルトラックを1人で走っていると、脇のヤブで「ガサガサッ」と得体の知れない音のすることが少なからずあります。そのたびに「ヒィッ」と飛び上がって驚きます。

恐怖7・・・山頂付近に廃屋が残されている。
または祠とか墓石とか寺院の跡とか。単純に怖いです。

・・・以上、なんだか単なるビビリのような気もしないではありませんが、トレラン愛好家の皆さんはヘビとか毛虫とか平気なんでしょうか。といいつつ、ヘビに出合うことはめったにありません。むしろ恐怖を感じているのはあちらの方々ですので、好んで人間の前に現れることはないと思います。あと、タイトルをみて遭難とか滑落とか熊の話題を期待した方はごめんなんさい。

●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
●『名古屋みちくさランニング。』取扱い書店について。
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
走れ!ランニング
ランニュースPickUp
マラソン大会レビュー
トレイルランニング
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
Nike+
東京マラソン
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(2) | TrackBack(1) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロードに比べて格段に危険度が高いのに気軽に、とか楽しいとまくしたてるランニングマスコミに少々危機感を抱いてます。
ハエツネでも亡くなった方が出ましたし、私の出たトレランレースでも腕を骨折した方を見ましたし、何かあれば大変なのでトレランは非常に怖いです。
そういった意味でこの記事は興味深くして読ませて頂きました。
ランナーが皆、こんな意識でレースに出ているかはわかりませんが。
雑誌等ではこんな論調は無理ですがもっと雑誌でも危険について伝えるべきと思います。
すいません、ちょっと最近のトレランブームに、トレイルランナーのはしくれでもありながらも少々疑問を持っているので。
ぶしつけな意見で申し訳ありません。
Posted by KOBU at 2010年05月23日 22:20
KOBUさんコメントありがとうございます。
私がふだん走りにいく山はせいぜい300〜600メートルぐらいの近所の低山なので、本当の山の危険はよくわかりません。ただ、とくにトレランレースで坂を駆け上がるとき、心拍数が急激に上昇して「危ないな」と感じたことはあります。トレイルだと流れに乗らなければならず、どうしても無理してしまいますしね。心拍のコントロールがもっとも重要な安全対策の一つであると個人的には考えています。
Posted by 名古屋RJ編集長 at 2010年05月24日 19:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ファーストエイドキット|トレイルランニングの必需品
Excerpt: トレイルランニンググッズを用意しよう ファーストエイドキット トレイルランニングでは色々な怪我はつきものです。自分は大丈夫だろうと思わずに、何かあったときに備えてしっかり準備をしてくださ..
Weblog: トレイルランニングの始め方
Tracked: 2010-08-01 00:01

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif