nishio1206.gif

2010年04月19日

2010「長野マラソン」レポートvol.1。

「第12回 長野オリンピック記念長野マラソン」を実走取材してきました。2007年の同大会で初フルを完走し、以来4回連続の参戦。自分の中では善光寺参りとあわせ、すっかり春の風物詩として定着しています。
hyoushi000001.jpg

昨年は善光寺の7年に1度の前立本尊御開帳ということもあり、大フィーバーだった長野市。今年はおだやかな春の陽ざしがここちよい、落ち着いた風情がただよっていました。当日の長野入りが遅く御戒壇巡りには間に合いませんでしたが、境内の満開に近い桜を堪能することができました。

さて、長野マラソンの魅力はこれまでさんざん言い尽くしてきましたので、できればこちらをお読みください。ポイントをまとめると、●都市型と風景満喫型の両方楽しめる●「競技会」としてのステイタスがある(ブームにおもねらない)●大会運営にソツがない●まちをあげての高いホスピタリティ●イベントとしてもじゅうぶん楽しめる・・・こんなところでしょうか。もっとわかりやすくいえば、「競技性とホスピタリティを高度な次元で両立した大会」ということです。

さて、レースです。当日の天候は晴れ。スタート時はやや肌寒かったものの、気温が15度を超えそうだったのでアームウォーマーとレーシンググローブは必要なしと判断。ランシャツ&ショートタイツで挑みました。スターティングブロックは「G」。昨年のFブロックから1つ後退です。
gblock.jpg

今回の作戦は「とにかく30km地点まで抑える」こと。ベスト更新などという馬鹿げた幻想は捨て、最近3ヵ月の走行距離や現在のコンディションを冷静に考慮して目標タイムを3時間35分に設定。キロ5分〜5分10秒の間で刻むことにしました。

Gブロックからスタート地点までの距離感はこんな感じ。
kyorikan.jpg

号砲は8時30分。スタート地点までのロスは2分でした。みんな手を振ってNHKのTVカメラに大アピール。例年の放送では、スタート風景を最後の1人まで映してくれます。
appeal.jpg

昨年に引き続きお立ち台には高橋尚子さんが。コース上のさまざまな場所に現れるQちゃん。今年は何回ハイタッチできるのでしょうか(昨年は計3回)。以降、走りながらの撮影につきピンボケの場合があります。ご了承ください。
start_qchan.jpg

入りの1kmは7分30秒。スタートロスを差し引いても5分30秒とやや遅いですが、ここですぐに「取り返そう」という気を起こさず、冷静に脚を進めました。

5キロ地点付近。このあたりから都心へ向かうため、ギャラリーの数も多くなっていきます。ペースも5分〜5分10秒の間に抑えられています。いい感じ。体感的にはかなりゆっくりなので、体調もいいのでしょう。
course0001.jpg

コースのハイライトの一つ、中央通り。
course0002.jpg
善光寺に背を向け、南へ下ります。ここから10km地点ぐらいまでは沿道の応援がにぎやかでしかもやや下っていることもあり、気を抜くとキロ4分20秒ぐらいになってしまうことも。そのたびに自重しようとするんですが、ついつい5分を切るペースに上がってしまいます。
course0003.jpg

15km地点。ここで初めてエムウェーブから折り返してくる選手達と対面に。17km地点ぐらいでサブスリー芸人の瀧ア邦明さんを見ました。一切おふざけの様子はなく、サブスリーペースで颯爽と駆け抜けていきました。
course0004.jpg

エムウェーブではあの金哲彦コーチを発見。不躾を承知でカメラを向けるとにこやかに手を振ってくれました。ただ、後で確認したところフレームアウトしてしまい映っていませんでした・・・。
emwave.jpg

エムウェーブを折り返し、いよいよ勝負どころの「五輪大橋」へ。
gorinoohashi.jpg

五輪大橋を渡りきったところがちょうど中間点。タイムは1時間45分。設定フィニッシュタイムは3時間35分ですから明らかにオーバーペースです。
halfchiten.jpg

ここで悪魔が囁き始めました。「このままのペースを維持すれば3時間30分切れるかも。それどころかベスト更新もいけるんじゃないの」・・・。冷静に考えれば今現在の自分のコンディションで3時間30分は無理だとわかっているはずなのに、血糖値が落ちてくると冷静な判断ができないんでしょうか。

やってしまいました・・・。まだハーフ地点にもかかわらず、目標ラップをキロ4分50秒に修正、つまりペースアップしてしまったのです・・・。 ※長野マラソンレースレポートvol.2に続く。

●関連トピック
2009 長野マラソン vol.1【人気の理由】編。
2008 「第10回 長野マラソン」レポート。
初フル!2007「長野マラソン」。

●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
●『名古屋みちくさランニング。』取扱い書店について。
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
走れ!ランニング
ランニュースPickUp
マラソン大会レビュー
トレイルランニング
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
Nike+
東京マラソン

        
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif