2010年03月19日

大切なストレッチ。でも、やり過ぎると逆効果に。

荒川市民マラソンをはじめ、週末は全国各地でマラソン大会が開催されます。レース前にストレッチを行うのはランナーの常識ですが、あまりに度が過ぎるとかえってパフォーマンスの低下を招くおそれがあります。
stretch01.jpg

・・・と語るのは、一般社団法人イースリーグリップ・アソシエーション代表理事の近藤さん。イースリーグリップとは、そう、あの「e3グリップ」のこと。じつは名古屋に事務所があるらしく、先日たまたまトピックで取り上げたご縁でお話しさせていただく機会を得ました。

近藤さんいわく、「ウオーミング・アップとしてスタティック・ストレッチ(いわゆるストレッチ)を行いすぎると、筋の弾力性が低下し、パフォーマンスに影響を及ぼす」とのこと。ストレッチをやりすぎた場合、筋肉が「のびてたるんでいるズボンのゴム」のような状態になり、本来のパフォーマンスを発揮できなくなるんだそうです。

たとえばしっかりストレッチを行ったあとに垂直とびをすると、あまり高く飛べなくなってしまうとのこと。さらには、あまり関節可動域を拡げすぎても逆にケガや故障につながるケースがあるんだそうです。

「ストレッチはクールダウンとしてしっかり行った方が、非常に効果(柔軟性の向上、疲労軽減やリラクゼーションなど)は高い」ということです。

過ぎたるはなお及ばざるがごとしとは、運動前のストレッチにも当てはまるんですね。もちろんストレッチは大切ですが、軽く走って筋肉を温めてから、ほどほどに行うことをおすすめします。

ちなみに、理学療法士でもある近藤さんに体のバランスをみてもらったところ、私は右肩が極端に上がっていることが判明しました。さらには腕振りのとき手首が内に曲がりすぎ、全体のバランスを崩していることもわかりました。長い距離を走ると左肩だけ凝るのはこのせいかもしれません。e3グリップをにぎったり普段から正しい姿勢を意識することで矯正してきたいと思っています。整体にも通ってみようかな。

●ナゴヤ初のランニングコースガイド好評発売中!
●『名古屋みちくさランニング。』取扱い書店について。
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
走れ!ランニング
ランニュースPickUp
マラソン大会レビュー
トレイルランニング
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
Nike+
東京マラソン

      
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(2) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それはいいことを聞きました。

でもそのストレッチの時間自体はどれぐらいなんでしょうか?

そういえば荒川参加予定でしたよね?

天候はしょうがないとはいえ、残念無念でした。

私は初フルが荒川だったのでフルを飛び越えて来月のウルトラが先になってしまいました(笑)
Posted by リンガンガー at 2010年03月22日 20:41
リンガンガーさんこんにちは。
ストレッチの時間・・・うーん、そういえばどうなんでしょう。聞いておきます。ところで、フルを飛び越えていきなりウルトラですか!まあ、フルとウルトラはまったく別の競技と考えれば、それもありかもしれませんね。ご健闘を祈っております。
Posted by 名古屋RJ編集長 at 2010年03月23日 19:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif