castle0221.gif
highalti190701.gif
higashi01.png

2010年03月01日

2010 読売犬山ハーフマラソンvol.1【前置き篇】。

第32回 読売犬山ハーフマラソンを実走取材してきました。今回はついにエントリーが9千人に迫る8674人を記録。地元小中学生の“かさあげ”がなくてこの数字ですから、東海地区では実質、もっとも大規模なハーフマラソン大会(10kmの部もあり)といえるでしょう。
inu10_finish.jpg

当日は朝から雨模様。家を出るときは本降りでした。この時点でかなりブルー。おまけに名古屋駅で名鉄電車を乗り間違え、会場に着いたのはスタートの40分前でした。

雨はいくぶんおさまっていましたが、会場が田んぼ状態だったのには閉口しました。ランニングシューズは底がメッシュになっている(つまり穴が開いている)ことが多く、私のターサーも例外ではありません。

ぬかるみにそろりと足を置いたとたん、「あ!」と思った時はすでに遅く、シューズ内に容赦なく水が浸入してグッチョングッチョンに。メッシュ構造なのをすっかり忘れていました。
inu10_dorodoro.jpg

ものすごく不快なままスタートを迎えることになったわけですが、それに輪をかけて不愉快なことも。それは、一部の選手たちのマナーの悪さ。

読売犬山では事前に申告したタイムを元にナンバーが割り振られ、スタートブロックが決められます。しかし、実際は順番を平気で無視する輩があまりにも多く、腹が立つどころかあきれてしまいました。

参加者の裾野が広がるということは、こういった弊害も招くのでしょうか。読売犬山は箱根駅伝に出場した学生や実業団の選手などが多数参加する、なかなか骨のある大会です。名古屋エリアでは数少ない“全国区”なのに、こんなメチャクチャではこちらまで恥ずかしくなってしまいます。

もちろん大方の市民ランナーの方は自分のスタートブロックをしっかり守っていました。イベントではなく「競技会」なのですから、ルールは厳格に守るべきだと思います。主催者も、スタートブロック問題に対しては東京マラソン並みに厳しくのぞむべきです。

あ、プンプンしすぎてレースのこと一切ふれてませんね。長くなったので、【レース編】は明日にします。

※今回は会場入りが遅れたり、フィニッシュ後も泥の処理で手間どったりと、時間があまりなかったため写真が少ないです。ご了承ください。

ナゴヤ初のランニングコースガイド&マップ好評発売中!
人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
走れ!ランニング
ランニュースPickUp
マラソン大会レビュー
トレイルランニング
名古屋RUNコースガイド
旅ランのすすめ
Nike+
東京マラソン

      
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン大会レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レース、お疲れ様でした。

スタートブロックを守らない人たち、ほんとに怒れてきますね〜。

分母が大きくなるのだから当然かもしれませんが、メジャーな大規模大会ほどそういう方を多く見かけますし、他のランナーに及ぼす影響も大きいですね。

腹立ち紛れについつい注意したこともありますけど、そんなことをしても大勢ですからほとんど意味なし。
主催者側に厳格に管理してもらうしかないですね。

そうそう、「名古屋みちくさランニング」先日やっと購入できました。
今までいい年してどちらかというと競技志向で、ロードの練習は同じところばかり走っていましたが、本の内容を参考にしていろいろなところをもっと楽しんで走ってみたいと思っています。
Posted by hirozo at 2010年03月01日 21:18
ぷんぷん!まったくそのとおりですね。何より悲しいのは自分のこれまでの練習のたまものである現在の自分の持ちタイムに対するプライドと、共に走る仲間であるランナーへの敬意がないことです。これは呆れると同時に悲しいことだと感じました。

あ、申し遅れました。いつもTWでお世話になっている、オナチューのワタシです。これからもブログ、TWがんばってください。
Posted by Michiaki_K at 2010年03月02日 01:01
hirozoさんこんにちは。
犬山ハーフは一端グラウンドに整列してからスタート地点へ移動するんですが、いつもこの移動のときにグダグダになってしまいます。陸連公認大会でもありますし、主催者がもっと厳しく注意してくれるといいんですが。今年は参加者が増えたせいか例年以上にルール無視が多かったです。名古屋シティといい、犬山といい、ナゴヤランナーとして恥ずかしい限りです。みちくさランニングはhirozoさんにはゆるい内容かもしれませんが、リハビリ(?)でゆっくり走るにはいいかもしれません。ぜひ楽しんでください。
Posted by 名古屋RJ管理人 at 2010年03月02日 09:37
Michiaki_Kさんこんにちは。
そうなんです。ブロックを無視する人って、まったく悪びれた様子がないというか、平然としてるんです。それを見てるとまたぶんぶんしてしまうんですが、気が小さいので注意したことはありません。東京や長野みたいにロープで囲んで誘導するとか、アナウンスで呼びかけるとか、何か工夫があると思うんですが・・・。篠山ABCがこの割り込み問題に見事に対処して改善した例もあります。・・・ところで、TWの140文字制限がないと伸び伸び書けますね。
Posted by 名古屋RJ管理人 at 2010年03月02日 09:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger