pc_aichiike.gif
pc_1101.gif
highalti190701.gif
higashi01.png

2009年12月07日

カッコいいランニングフォームの秘訣とは。

先日、ランニングしているところをケータイビデオで撮影してもらい、はじめて自分の走りを客観的に見ました。そこに映っていた私のフォームは、腰が落ちた典型的な“おっさん走り”でした・・・。実際おっさんなんで文句はいえませんが、自分ではビシッとキメて颯爽と走っているつもりだったのです。それだけにショックは計り知れず、「速く走りたい」よりも「カッコよく走りたい」という願望がわき上がってきました。そんなおり、タイムリーにもトヨタ車体陸上部の橋監督とお話しさせていただく機会がありましたので、ズバリ「カッコいいフォーム」になるにはどうすればいいのか聞いてみました。
hashirikata01.jpg

高橋昌彦監督いわく、「普段から正しい姿勢を心がけていることが、フォーム矯正につながる効果的なトレーニング」になるとのこと。デスクワークのときなどついついラクな姿勢を取りがちですが、そんななんでもない日常こそ意識して背筋を伸ばしていることが大切なんだそうです。やってみると分かりますが、正しい姿勢って慣れてないとかなり疲れます。

高橋監督のお話でもうひとつ新鮮だったのが、「目の位置を上げる」ということ。けっして上を向くという意味ではありません。ぐっと背伸び(つま先立ち)して目の位置を上げ、あごを引く。このとき目線は下げず、前方に据えたままです。カラダは自然に前へ倒れていきますから自動的に足が前に出ます。これを繰り返しながら前に進む=走ることにより、ピンッと背筋も伸びてキレイなフォームが作れるうえ、エネルギー効率にすぐれた走りにもつながるんだそうです。

※12月8日追記:昨日のトピックで「見下ろす」ようにと表現しましたが、視線を下に向けると誤解されれますので訂正しました。高橋監督いわく、「視線はぜったい落としてはダメ」とのことです。

他にもいろいろとランニングやマラソンに関する面白いお話を伺いましたので、おいおいお伝えしていけたらと思います。

さて、高橋監督が指導するのは、名古屋エリアを拠点に活躍する女性エリートランナー、大南博美・大南敬美ツインズ。ご存じの方も多いと思いますが、来年3月で所属チームが活動を満了します。話がテーマから逸れそうなので、この話題については明日以降のトピックで取り上げます。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
走れ!ランニング
マラソン大会レビュー
トレイルランニング
Nike+
東京マラソン  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger