pc_aichiike.gif
0917-30.gif
highalti190701.gif
higashi01.png

2009年05月25日

「熱馴化」ランニングはあせらず計画的に。

春から夏へと向かうこの季節は、ランニングがもっとも辛く感じる時期でもあります。なぜなら体がまだ暑さに慣れていないため、走り出した途端に疲れてしまうから。「なんだか最近、走ってもすぐ苦しくなる」と感じたら、それは単に体が暑さに慣れていないためかもしれません。
himawari001.jpg

暑さに体を慣らすことを「熱馴化(ねつじゅんか)」といいます。私は毎年、5〜6月は「熱馴化期間」と位置づけ、ランニング中すぐに息が上がっても気にしないようにしています。

以前経験がありますが、体が「冬〜春バージョン」のこの時期に無理をすると、ランニングがただただ不快なものになるばかりか、極度に疲労してダメージを負ってしまいます。

昨シーズン中(08秋〜09春)に走った分の「ラン実績」はいちどリセットして、走行距離5キロほどから徐々に積み上げていきつつ熱馴化を図ります。これを私は勝手に「熱馴化ランニング」と名づけています。

適切に熱馴化を行うと、7月からの本格的な夏を比較的ラクに乗り切ることができ、秋からのロードレースシーズンにすんなり入っていけるというわけです。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
走れ!ランニング
マラソン大会レビュー
Nike+
トレイルランニング  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger