pc_aichiike.gif
0917-30.gif
highalti190701.gif
higashi01.png

2009年05月15日

知らなかった! 奈良・若草山の秘密。

奈良の大仏でおなじみの東大寺。その東側にそびえる「若草山」に登ってきました。下から見上げると、山というより小高い丘のようです。登山道は階段状に整備されており、山道という感じはまったくありません。5分もたたないうちに頂上へ到達・・・したはずなんですが、そこには信じられない光景が広がっていました。
wakakusa_sanyou.jpg

どうやら長年にわたって勘違いしてたようです。若草山は3段の鏡モチのような構造になっており、下から「山頂」のように見えていたのは「一重目(標高250m)」と呼ばれる地点(下の写真)に過ぎず、本当の頂上はもっと先にありました。
1juume.jpg


真の若草山の姿は、麓からは死角になっていて見えなかったのです。一重目の広場から見上げる山頂はまだまだ遠そう。小雨もパラついてきました。しかしここまで来て、ピークを踏まずに引き返すわけにはいきません。
2juume.jpg


「二重目」に到達。遮るものが何もないので肌寒くなってきました。ここからの眺望もバツグンです。山頂はもうすぐ。
nijuume_kanban.jpg
2juumekara_sanchou.jpg


ようやく「三重目」、つまり山頂に到達。麓から30分ぐらいかかったでしょうか。どうやら裏手から山頂まで、クルマでもアプローチできるようです。
sanchou_hiroba.jpg


本当のピークは「鴬塚古墳」になっており、立ち入ることはできませんでした。
hontonosanchou.jpg

みなさんは若草山が三段構造ってご存じでしたか?恥ずかしながら私は今回、一重目に登ったときに初めて知りました。

若草山とは?(wikipedia)
国土地理院 地形図(若草山付近)

        
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅ランのすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger