468_60.jpg
2_sanen2022 2.png
yoko_okumikawa_tabiruun.png

2008年12月22日

2008「第34回 東浦マラソン」。

第34回 東浦マラソンを体験取材してきました。東浦町とは愛知県 知多半島の付け根に位置するまちで、あの徳川家康の実母(伝通院)が生まれ育った地でもあります。マラソン大会の会場は隣接する大府市にまたがる「あいち健康の森公園」。当日はJR大府駅から無料シャトルバスが出ていました。
higashiura_hyoushi.jpg

あいち健康の森公園は想像以上に広大かつ立派な公園で、園内にはグラウンドやテニスコートのほか、各種施設が点在していました。
shisetsu_higashi.jpg
grand_huukei01.jpg

今回のエントリー数は3926名。私が出走する10kmの部には1196名が参加しました。コース設定は公園内と公道を半々ぐらい。カーブがやや多いのと全般にわたってアップダウンがキツ目なので、記録を狙うには不向きかもしれません。

ただ、レースの後に公園でいろいろと遊べますし、園内にある「あいち健康プラザ」には天然温泉の大浴場もあります。種目も小学生の部やジョギングの部など多彩ですから、名古屋を含む近郊の人たちのちょっとしたファミリーレジャー代わりに最適ではないでしょうか。
higashi_ike_kouenn.jpg

食べ物屋台などは出ていませんでしたが、園内の売店で食べ物や飲み物が買えます。コースは先ほども触れましたがけっこうアップダウンがあります。この起伏を自分の実力に合わせてどのように攻略するかが東浦マラソンのポイント。
zenkei_higashiura.jpg

コースの約半分が公園内に設定されているため、他の来園者と接触するんじゃないかとちょっと心配でしたが、規制がしっかり行き届いており不安は杞憂でした。

このレースで私は上り坂でかなりペースが落ち込んだと思うのですが、なぜかフラットコース並のタイムが出ました。もしかして距離が少し怪しかった(短い)かもしれません(体感的に言っているだけで根拠はありません。正確だったらごめんなさい)。
zenkei_higashi02.jpg

いつもこの健康の森を走っているというゲストランナーの大南博美・敬美姉妹。
oominami_higashi.jpg

ちびっ子も激走!
sutart_chibikko01.jpg
higashi_chibikko02.jpg
hgashi_chibikko03.jpg

<大会講評>
駐車場あり。最寄り駅から無料シャトルバスあり。参加賞はオリジナルの大判タオル、手袋(非オリジナル)、アクエリアス。お楽しみ抽選会あり。レース後アクエリアス飲み放題。豚汁サービスあり(全員分は無し)。トイレ数は参加人数に比べ適正。更衣室あり(仮設テント)。公園内の売店でドリンク、おにぎり、肉まん、お菓子などが買える。計時はRTタグ。記録証は当日発行。距離表示は1km地点と残り4kmから(確認できた表示板)。給水無し。公園内に温泉施設・宿泊施設あり。オールスポーツ不参加。ゲストは大南姉妹。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
走れ!ランニング
マラソン大会レビュー  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif