aim468x60.gif
4th_oms_01.png
castle_0723.gif

2008年09月29日

三河高原トレイルランニングレース2008。

「三河高原トレイルランニングレース2008」を体験取材してきました。前回大会はあいにくの雨で走りを楽しむ余裕はありませんでしたが、今年は天候に恵まれたこともあり、森の中のレースをぞんぶんに満喫することができました。
hyoushi_mikawa08.jpg

レース会場は愛知県新城市の「鬼久保ふれあい広場」。ちょっと前まで「作手村」と呼ばれていたエリアです。あの「OSJ新城トレイルレース」とはコースがまったく異なり、比較的ゆるやかで走りやすいのが特徴です。
kannnai001.jpg
kannnai002.jpg

やたらキツいコースがもてはやされる昨今、本格的にもかかわらず「走れる」コース設定、しかも数少ない東海地方でのレースということで地元のトレラン愛好家を中心に人気を博しています。

今レースの距離はロングが24km、ショートが8km。昨年はロングが32kmでしたが、地元関係各位との協議の末、24kmのコース設定に落ち着いたようです。

スタート地点隣のグラウンドでは選手たちがウォーミングアップをしていました。雨天だった前回はスタート直前まで選手のほとんどが体育館内に待機していたため、このような光景は見られませんでした。
ground_racemae.jpg

私がエントリーしたのはロングの部。スタート直前はやはり緊張します。10:30の号砲一下、ウェーブスタート第一グループの面々とともにトレイルへと出発です。
startgate_in.jpg

スタート直後に少し一般道を走り、砂利の林道を経て本格的なトレイルへと入っていきます。急な上りは無理して走っても体力を消耗するだけ。リズミカルに早歩きした方が結果的にタイム短縮につながります。
rindou_mikawa08.jpg
joban_single_mikawa.jpg

今コースでは前半と終盤の2回、超ロングな直滑降(激下り)が出現します。重力に任せて一気に駆け下りる気持ちよさは、三河高原トレイルレース随一のハイライトといっても過言ではありません。

ただし、終盤で現れる同じような直滑降は地獄に変わります。というのも、すでに脚を使い果たしているため一歩一歩の踏ん張りが利かなくなり、前半のように「重力に任せて下る」という走りができないのです。下りでは「技術より脚筋力」であることが、改めて思い知らされました。
nobori002.jpg

当日の気温は、涼しくなったとはいえ20℃前後。ランニングするには高温です。レース途中、気温が上昇することも考慮して650mlのボトル×2本を装備しました。コース上にエイドが3ヵ所設置してありましたが、6kmごととやや間隔が開いているため、時間がかかる私はドリンクを携帯した方がいいと判断しました。
aid_mikawa08.jpg

ちなみにエイドにはバナナ、パン、スポーツドリンク、水が用意されているなど至れり尽くせり。エイドごとに食べ物をいただきエネルギーを補給しました。

最後のエイドを過ぎてからは基本的に下り基調。残り1kmはアスファルトの一般道を走ります。少し余力があったのでスパートをかけて3人ほど抜きました。まあ、抜いたところで何がどうなるというわけでもないんですが・・・。夏のトレラン合宿が実を結んだのか、おかげさまで自分なりに納得のいくタイム(2:23:16)でフィニッシュすることができました。

ただ一つ、レース中にプチトラブルが発生。それはハチに刺されたこと。レース序盤、上り坂を歩いていたとき足首に激痛が走り、とっさに振り払うとハチらしき虫が飛んでいくのが見えました。あまりの痛みにヘビかと思ったほどです。ゴール後、刺された箇所を見てみたら毒針が刺さったままでした。

振り返ってみると、ハチに刺された痛みが逆に心肺の苦しさを紛らわせてくれたような気がします。ある意味、ハチにパワーをもらったというべきでしょうか。

<大会講評>
会場(鬼久保ふれあい広場)駐車場利用可(ただし事前に先着順で発行された駐車券を持っている選手のみ)。最寄り駅より無料のシャトルバスあり。コースは適度にアップダウンがあるものの「走れる」トレイルがほとんど。序盤の長い下りでの直滑降(しかも路面は柔らかい土)が最高に気持ちいい。コースを示すリボンが分かりやすい。細かな距離表示がありがたい。コース上に数カ所トイレあり。要所要所に係員(学生さんのボランティア含む)が立って誘導、激励してくれる。着替えは体育館、シャワーあり(有料)。ショップあり。テーピング&マッサージサービスあり。参加賞はオリジナルマグカップ、ドリンク、パワージェル。抽選会あり。オールスポーツ参加。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
マラソン大会レビュー
走れ!ランニング

        
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(4) | TrackBack(0) | トレイルランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。私も去年、引き続きロングを参加しました。天候も良くかなり走りやすいですね。上りがややキツイですが、下りがさすがにスピードが出ますね。途中、ハチに刺された方が見ましたが、自分は運がよくて無事でした。
私も名古屋付近に住んでおり、よくこのHPをみます。すごく楽しみしています。
現在、いびかわマラソンに向けて、頑張っています。
Posted by ようちゃん at 2008年09月30日 00:22
ようちゃんさんコメントありがとうございます。参加された方々のブログを拝見すると、ハチに刺された人がけっこういるみたいですね。誰かがコースアウトしてハチを刺激したのかもしれません。
「いびがわマラソン」は私もエントリーしています。でも、日程的に参加できるかどうか微妙です。もし出場できたらレポートをアップしますのでぜひ見てください!
Posted by INGBLOG管理人 at 2008年09月30日 09:17
始めまして。ちょくちょくブログ拝見しています。僕は10分遅れのスタートだったのですが、5km付近でハチがランナーの頭の周りにブンブン飛んでいるのを見てビビりましたが、白いキャップをかぶっていたせいか刺されずにすみました。でも、途中で他の謎の虫?にフクラハギを刺されました。でも大会としてはよく運営されていましたね。
Posted by ashuken at 2008年09月30日 22:07
ashukenさんコメントありがとうございます。実はashukenさんのブログを見て、私以外にもハチに襲われた人がいることを知ったんです。私が刺されたときは1匹でした。ということは、私がハチの群れを刺激してしまったのかもしれません・・・。もしもスズメバチだったら新聞沙汰になっていたかもしれませんね。
Posted by INGBLOG管理人 at 2008年10月01日 09:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
sawayaka1_0832made.jpg
banner_340x80.jpg
4th_oms_02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger