castle0221.gif
highalti190701.gif
higashi01.png

2008年09月10日

第4世代iPod nano登場でNike+はどうなった!?

Appleより「iPod nano」と「iPod touch」のニューモデルが登場しました。気になるのはやはりNike+に関する新機能。前回(第3世代nano)のリニューアルでは、Nike+に特化した機能はとくに見あたりませんでしたが、果たして今回はどうでしょうか。
ipodnike.jpg

もっとも大きな変化としては、これまで「nano」のみだった対応機種に「touch」が加わったこと。しかも「touch」の本体にはNike+のセンサー機能が内蔵されているため、レシーバーを挿すことなく気軽にNike+サービスが利用できるようになりました。

一方の「nano」には加速度センサーが装備されたものの「Nike+のため」というわけではなく、従来通りレシーバーを装着しての利用となります。

ただ、今回も防水機能は見送られたようです。アームバンドにiPodを装着してランニングすると、iPod本体が水分(汗)に晒されるのは避けられません。汗が直接かかるということよりもむしろ、外気と体温の差によって本体表面に水滴が付着するケースが多いのです。つまり、「いつか水が浸入して壊れないか」とヒヤヒヤしながら使用している現状です。

Nike+としてiPodを使用する場合、あくまでも「アウトドアギア」としての防水性・堅牢性が求められると思うのですが、そこのところはどうなっているのでしょうか。とりわけ「iPod touch」は高価です。私ならとても怖くてNike+用には使えません。できればアウトレットで安価なiPod nanoを入手し、「Nike+専用機」とする方がより安心ではないでしょうか。

ただ、私は2年間iPod nanoをNike+用に使い倒して汗まみれにしていますが、一度も故障がないことだけは付け加えておきます(やはり最低限の防水機能は備えてるのかな?)。

さて、「防水機能」といえば5月に発売された「Nike+SportBand(スポーツバンド)」です。IPX7相当の防水性能を持っているはずなのに・・・・・この続きは後日。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

■Nike+って何?という方は以下の過去ログをご参照ください。
ナイキプラスがやってくる。
待ってました! Nike+始動。
Nike+はけっこう使える。
Nike+に備えてアームバンドを購入。
Nike+用アームバンド使用レポート。
本当に発売する? Nike+のアレ。
100%ランニングを継続できる方法。
新型iPod発売でNike+はどうなった!?
30km走に挑戦!のはずが・・・。
飛行機に乗るときはナイキプラスをOFFに!
本当に発売する? Nike+のアレ。
iPodをリモート操作できるウォッチ登場。
Nike+SportsBandの日本発売は4or5月。
NIke+スポーツバンド発売日決定!ただしアメリカで。
Nike+の新製品「SportsBand」登場か。
速報!「Nike+SportBand」が5月2日発売。
Nike+SportBandをようやく入手しました。
Nike+SportBand使用レポート。
“全部入り”新型Nike+SportBand登場か!?

      
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | Nike+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger