worker.gif
castle_200728.gif

2008年08月20日

背筋も凍るブラックホール生成実験失敗動画。

CERN(欧州合同素粒子原子核研究機構)による、いわゆる“極小ブラックホール生成実験”が気になっている人はけっこう多いのではないでしょうか。あり得ないとわかっていても、一瞬にして地球が単なる宇宙の穴と化す映像は何度見ても背筋が凍ります。
cerndouga.jpg

このいわゆる“極小ブラックホール生成実験”とは、CERNが巨大粒子加速度装置「大型ハドロン衝突加速器(LHC)」を用いて行う実験のうちの一つ。例によって詳しいことは難しすぎてよくわかりませんが、つまりは「宇宙の起源が解明される」かもしれないものすごい世紀の大実験なんだそうです。

で、ここまではいいんですが、この実験が「極めて危険である」と主張する人たちが出てきて波乱含みの展開に。一時は実験中止を求める訴訟沙汰にも発展しました。

そんな紆余曲折を経て、ついにきたる2008年9月10日、「大型ハドロン衝突加速器(LHC)」が稼動します。CERN側は「危険はない」としていますし、大方の専門家も実験で生成した極小ブラックホールが地球を飲み込むなんてノストラダムス級の「ナンセンス」との見方を示しているようです。

ただこの動画を見ると、ナンセンスとわかっていてもゾ〜っとホラーな気分になります。人類滅亡どころか、45億年にわたる地球の痕跡すら一瞬で消滅するわけですから。もっとも悠久の宇宙の歴史にあっては、星の消滅なんてほんの一瞬の、ちっぽけな出来事に過ぎないのかもしれません。



●大型ハドロン衝突加速器(LHC)の画像はこちら
●参考ニュース記事はこちら
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) |     | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif