worker.gif
castle_200728.gif

2007年04月02日

だいじょうぶか?モリコロパーク。

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)へ行ってきた。3月25日の第2期オープンからまだ1週間しかたっておらず、しかも暖かな春の休日だ。相当の混雑ぶりに違いない。周辺道路の渋滞も予想されるので、自転車で行くことにする。長久手町にさしかかると、「モリコロパーク第2期オープンのため渋滞が予想されるので、できるだけリニモを利用してね」という趣旨の看板が立っていた。やはりかなり混雑しているのだろうか。

しかしモリコロパークが近づいてきても、道路を走るクルマはまばら。あの渋滞予想の看板は何だったのか。やがて午後1時ぐらいに公園入り口へ到着。駐車場は、混雑どころかかなり空いている。なんとも拍子抜け。だが油断するのはまだ早い。今回のオープンの目玉である「愛・地球博記念館」にはそうすんなりとは入れまい。先週のオープン時には入場整理券を配ったとかなんとかニュースでやっていた。最低30分〜1時間は行列する覚悟で記念館へ向かう。ところが、人いなすぎ・・・。
kinenkan_enkei.jpg

「もしかして臨時休館か?」と嫌な予感を感じつつエントランスへ。・・・開いてた。
kinenkan_iriguchi.jpg

あまりの人の少なさに寂しくなる。やはり万博から2年も経つとみんな夢からさめてしまうのだろうか。ちなみにこの記念館はもともと海外のVIPなどを接待する迎賓館で、万博開催中は一般人立ち入り禁止だった。「迎賓館の中はどんなふうになっているのかな」なんて思いながら遠くから眺めていたものだ。しばし2年前の万博ライフをしみじみと思い出しつつ、記念館の中へ。館内には外国パビリオンから寄贈された品々が展示されており、どれも見た記憶があるものばかりで懐かしい気分にさせてくれた。写真撮影禁止なのが残念だ。それにしても人が少ない。まあ、ゆったり観覧できるからいいけど。

記念館をたっぷり堪能した後は、公園内を1時間ぐらいかけて歩き回った。
「愛・地球広場」はそのまま残されていた。家族連れがまったり過ごしている。
hiroba.jpg

バイオラングがあった場所。
bio_rangu.jpg

グローバルループがあった場所。当然ながら跡形もない。
右に見えているのは旧グローバル・ハウス。現在は温水プール&アイススケート場。
roop_ato.jpg

シンガポール館やネパール館が建ち並んでいた
グローバル・コモン6。造成中。どうなるのか楽しみ。
zousei_asia.jpg

日本ゾーン。造成地と駐車場に変わり果てていた。
日本の塔「月」がポツンとたたずんでいる。
nihonzone.jpg

日本庭園。「温泉か?」と思いきや、
ミストを噴出している模様。夏はきっと気持ちいいだろう。
teien_chikaku.jpg

インタープリターによる森のガイドツアーをやっていた。
eco_tour.jpg

公園内はまだ工事中だらけで、
第1期と同じく「とりあえずオープンしました」という感じ。
zousei_hirobanozomu.jpg

ただ、森林体感ゾーンの散策路が歩けるようになったので、ちょっとしたトレッキングにはいいかも。ちなみにアイススケート場は6割程度の客の入り、温水プールに至ってはガラガラ状態だった。公園内も全体的に客が少なく寂しい限り。第2期オープン間もない時期にこの過疎っぷりでは、ちょっと先が思いやられる。リニモがピーチライナーの二の舞にならないことを祈るばかりだ。

 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) |     | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif