bnr_ed_468_vol2.gif
hakusan.gif
westin100424.gif

2007年04月27日

四角い電柱に感動する。

函館はやたら「日本初(最古)」が多い街だった。日本初の西洋式城郭(五稜郭)、日本初のギリシャ正教会(函館ハリストス正教会)、日本初のコンクリート造り寺院(真宗大谷派函館別院)、日本初のストーブなどなど・・・。

街を歩いていると、いたるところに「日本初の・・・・まで○m」という案内看板がかかっていた。中でも興味をそそられたのがこれ、「日本最古のコンクリート電柱」。いくら日本最古だとはいっても、電柱はやっぱり電柱だろう。おそらく、古くて何の変哲もない電柱が立っているだけに違いない。
dencyu002.jpg


さて、その電柱がこれだ!
dencyu001.jpg
四角。円柱を想像していたので意表をつかれた。まだ現役で働いているらしい。みんな触っていくのか、表面はテカテカ。その堂々と凛としたたたずまいは、由緒ある古い石仏を彷彿とさせる。いかにも何か御利益がありそうだ。私もペタペタと触りまくる。


つぎに目についたのがこれ、「日本ラーメン発祥の地」。
ramen.jpg
「うさんくさい」。第一印象としてそう思った。話のネタにといちおう写真におさめる。家に帰ってから気になったので、念のためネットで調べてみた。すると、「函館が日本におけるラーメン発祥の地」だという説が本当にあるらしい。ただし写真に写っている店は東京本社のチェーン店であり、味もとんこつ。函館ラーメンとはなんの関係もない。もっとも、看板はあくまでも「日本ラーメン発祥の地」であり「日本ラーメン発祥の店」とはひとことも書いてない。だからセーフ。まぎらわしいけど。

次回の更新はゴールデンウイーク明けの5月7日。
みなさま、よい休日をお過ごしください!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) |     | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

知らない町を走ってみたいVol1【函館】

見知らぬまちを気ままに走ってみたい。それもできるだけ遠くがいい。ただ走るためだけに遠くへ。遠くへ。遠くへ・・。
goryokaku001.jpg続きを読む  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅ランのすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

マラソンシーズン終了・・・。

日曜日の長野マラソン以来、走っていない。まだ太ももの筋肉にダメージが残っていることもさることながら、「つぎの目標(レース)がない」ということが気の抜けているいちばんの原因。半年前の秋に走りはじめたのだが、ちょうどマラソンシーズンに突入するタイミングだったので、毎週のように近場でレースが開催されていた。半年間で出場したレースは10を数える。そのマラソンシーズンもこの春で終わる。いや、夏場でも涼しい山間部を中心にレースはあるにはあるが、数が少ないうえに開催地がいずれも遠い。だから秋のシーズンインまでレースはおあずけとなるのだ。

となるとたいへんなのが、走るためのモチベーション維持。目標(レース)が半年も先ではかなり厳しい。もちろん純粋に走ること自体の楽しさはあるが、練習の成果を試せるレースがないというのは寂しいかぎり。夏あたりに一本出場できればいいのだけれど。そこで探してみると、よさそうな大会がちらほら。まずは北海道で6月に行われる「千歳JAL国際マラソン」。初夏の北海道を走るのは気持ちいいだろうな、と一瞬ワクワクしたけど予算的にムリだなあ。もうひとつ気になったのは長野の「小布施見に(ミニ)マラソン」という大会。地元の人とランナーを結ぶという趣旨で「縁走」と呼んでいるらしい。ナンバーカード(ゼッケン)のデザインがおしゃれなのも気に入った。開催日は7月15日。長野マラソンに続いてまた長野かよ、という点だけがひっかかる。

フルマラソンを走り終わってまだ3日しか経っていないのに、もうつぎのレースのことをアレコレ考えているんだから、まだまだ当分は走り続けられるかな。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

お戒壇の暗闇っぷりはスゴかった!〜長野 善光寺〜

長野マラソンの前日、善光寺へ観光参拝にいってきた。長野駅からトレーニングのつもりで歩いたが、けっこう遠かった。しかし門前町がいい雰囲気だったので、バスで行くより歩いた方が正解だったと思う。
monzenmachi.JPG
続きを読む  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

初フル!2007「長野マラソン」。

「第9回長野オリンピック記念長野マラソン」に参戦してきた。受付が前日のみとなるため、土曜日から長野入り。子どもの頃から憧れていた「特急しなの」に生まれて初めて乗車。長野県には山間部を中心によく旅行で出かけるが、長野市は初めて訪れる。当然、善光寺も行ったことがなく、マラソン同様に今回の遠征の大きな楽しみ(善光寺の話題はまた後日)。

名古屋から3時間で長野に到着。さっそく受け付け会場である「ビッグハット」に向かいナンバーカードと参加賞を受け取る。すぐに長野駅前へ引き返し、宿泊先のホテルにチェックイン。夕食にパスタの大盛を食べ、すぐに寝た。

大会当日は4:30起きで5:00から朝食バイキング。6:00にチェックアウトし、7:00時にスタート会場である「アクアウイング」に到着。恐ろしく計画通り。じっくりとストレッチしたり写真を撮影したりして8:35の号砲を待つ。やがて8時、スターティングブロックへの移動・スタンバイ開始。事前に申請したタイムによって各選手のスタート位置が決められている。私は初フルマラソンなので持ちタイムがない。いちおう「4時間」で申請したら「M」ブロックに割り当てられた。ちなみにスターティングブロックは「A」から「U」まである。私の「M」ブロックは真ん中より少し後ろというところ。みんなぞろぞろと集まってくる。
start001.JPG

先頭にはマラソン日本記録保持者の高岡選手やシドニーオリンピック銀メダリストのリディア・シモンらがいるはず。いわば、世界のトップランナーと「同じ土俵で戦う」わけである。もっとも、私がいる位置からこれらトップ選手たちはまったく見えない。というか、スタート地点すらよくわからない。とにかく人・人・人がいっぱい。「スタート地点からかなり離れているなあ」と思いきや、後ろを振り向くとさらに選手の列が延々と続いている。これで7000人だから、東京マラソン(3万人)はもっとすさまじかったんだろうな。

やがてカウントダウンが始まった。高揚感マックス。そして、号砲。・・・が、列は微動だにしない。でもみんな慣れたもので、誰一人として文句をいったり前の人を強引に抜かそうとする人などいない。
start_tyokugo.JPG

当然だ。道のりは42.195キロもある。スタートであせったところでまったく意味がないのだ。号砲から3〜4分後、ようやくスタート地点に到達。みんなTVカメラに映してもらおうと猛アピール(NHKで中継があるため)。
start_chiten.JPG

「がんばれ〜」と脳天に突き抜けるような声がしたので横を見ると、スペシャルゲストの千葉ちゃんこと千葉真子さんがいた。急いでカメラに収める。
chibachan.JPG

スタート直後に勾配のきつい坂に遭遇して面食らったが、そのほかはおおむねフラットで走りやすかった。レースは、結果からいうと3時間48分台(ネット)で目標だったサブフォー達成! かなり上出来といえるだろう。でもその中身は反省すべき点が多いレースとなった。その最大の理由は、後半スタミナが切れていちじるしく失速してしまったこと。レース序盤は沿道の応援に後押しされてペースがはやくなり、何度も「自重しなきゃ」と思いつつも気づいたらペースが上がっているという状況の繰り返し。
endou001.JPG


結局、ハーフ地点に自己ベストに近いタイムで入ってしまった。最悪なのは、ここで「このままのペースで引っ張れば3時間30分台いけるかも」なんて色気を出してしまったことだ。これが愚かだった。たしかに25キロぐらいまではそのままのペースで引っ張れた。しかし、徐々にスローダウンしていき、30キロ地点からはキロ7分、35キロ地点からはキロ8分ぐらいにまで落ち込んでしまった。

やがて、重い脚を引きずりながらも、なんとかゴール地点の「オリンピックスタジアム」に到達。が、トラック残り200メートルというところでふくらはぎが激しくピクピク痙攣しはじめた。「あ、つっちゃう!つっちゃうよ!」と思ったけど気力で持ちこたえる。スタンドには多くの人たちがいて声援を送ってくれている。ここで脚つったらあまりにもかっこ悪いし、ゴール目前でリタイアなんて死んでも死にきれない。
kyougijou.JPG

とにかく全身を襲う痛みに耐えながらゾンビのような足取りでゴール、42.195キロ完走。すぐに女の子が駆け寄ってきて、フィニッシャーズタオルを肩にかけてくれる。トップアスリートになったようで気分がいい。前半の「貯金」によってサブフォーは達成できたが、こういうレース展開は疲れが倍増する。フルマラソンは事前の入念な作戦が必要であることをあらためて思い知らされた。
goal_chiten002.JPG

長野マラソンは、「月刊ランナーズ」という雑誌の投票企画で2年連続「人気大会日本一」に選ばれている。今回、実際に参加してその理由がよくわかった。とにかく沿道の市民の人たちの応援がすごい。42.195キロ、まったく途切れないのだ。それもみなさん応援を心から楽しんでいる様子で、こちらも元気がわく。町をあげてマラソン大会を盛り上げよう、楽しもうという雰囲気が伝わってくる。「来年ももう一度」と思わせる大会だった。
dendou_taiko.JPG

endou_suisogaku.JPG

endou002.JPG

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

        
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

エネルギー充填中。

マラソンの調整法に「カーボローディング」というのがある。かんたんにいえば、体の中にエネルギー、つまり炭水化物を貯め込むこと。その方法は人によって異なるが、おおむねこうだ。まずはレース1週間ぐらい前に30キロ以上の長距離を走り、いちど体の中のグリコーゲンを枯渇させる。その後、レース3日前ぐらいから炭水化物を多く含むパスタやごはんなどをいっぱい食べて、体(筋肉)にエネルギーをチャージする。こうすることで、マラソンの終盤に起こるスタミナ切れを防ぐことができるのだという。もっとも私の場合、ふだんの食事が炭水化物摂りすぎなので、あらためてカーボをローディングする必要などない。

「マラソンの35キロ地点は中間地点だと思え」という言葉がある。それほど30〜35キロから先はキツイということだろう。いよいよ長野マラソンが間近に迫った。せめて交通費と宿泊費の元が取れるよう、楽しんで走ろう。たのむから雨降らないでね。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

雨中ランの練習。

先週は強烈な「寒の戻り」が日本列島を襲った。このため各地の桜の寿命が少しだけ延びたらしい。そこで土曜日、今期2度目のお花見ランへ出かけた。今回めざすのは「名城公園」だ。家から名城公園までは約8キロ。早歩きぐらいの超スローペースで、ゆっくり時間をかけて走る。ちょっと雲行きが怪しかったが、なんとか名城公園に到達。
meijou_shiro001.jpg

と同時に、ついに雨が降り出した。最初は小雨だったのに、雨足はだんだんと強くなる。花見を楽しんでいた人たちは逃げまどい、プチパニック状態に。すでに酔っぱらっている一団は、雨など関係ないとばかりに大騒ぎをつづけている。
hanami001.jpg

名城公園のすぐ近くには地下鉄「市役所」駅がある。このまま雨の中を8キロ走って帰るのなんてゴメンだ。地下鉄で帰ろう。と思ったものの・・・そういえば私は雨の中のレースを経験したことがない。来週の長野マラソン本番はもしかして雨中ランになるかもしれない。雨天時の走りを経験しておくのも悪くないかも。なんてバカなことを考えてしまい、本降りの雨の中を走って帰った。
chikatetu001.jpg

すぐに後悔したがもう遅い。気温はおそらく17℃ぐらいでそれほど低くはなかったはずだが、手袋をしていなかったために指先が痛い。家に帰ったときには全身がブルブルと震え、顔面はこわばって表情をつくれないほどに。のどかなお花見ランが過酷な雨中ランになってしまった。雨の日のレースの厳しさを身をもって知った一日だった。カゼひかなくてよかった。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

著作権を気にせず貼り付け放題!?

フランスの大手通信社「AFP」が、「ニュースの写真と記事を自由にあなたのブログに貼り付けてもいいよ」サービスをはじめたのでさっそく試してみる。とはいえ、著作権の心配なしに転載できる写真は限られているようだ。しかも「自由に引用OK」といっても写真や記事を単純にコピペするだけというわけにはいかないらしい。いろいろと条件がありなにやら面倒くさそうだが、とにかく手順に従ってやってみよう。引用記事は、大好きなテレタビーズネタを選ぶ。

で、やってみた結果が以下。

写真小っさ! しかもこれでは単なる広告のような・・・。やはりこの手のサービスに対して、過度の期待は禁物ということか。ちなみに、私がいちばん好きなのはポーだ。ぬいぐるみも持っている。  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

自転車でひき逃げ。

昨日、83才のおばあさんが歩道上で「自転車」に「ひき逃げ」され、重症を負うという事故が起こった。事故後、足を骨折して倒れたままのおばあさんと犯人が言い争う場面が目撃されている。おそらく犯人は「前方を遮った歩行者が悪い」という感覚でいたのだろう。いうまでもなく歩道は歩行者のための道であり、どのような場合でも例外なく歩行者が優先される。自転車は歩行者から歩道を借りて走っているに過ぎない。

そして今日、このひき逃げ犯が逮捕されたという続報が飛び込んできた。犯人はなんと70才の女性。もしかしてこの人は、「自転車が立派な車両であり、原則として車道(左端)を走らなければならない」ことすら知らなかったのではないだろうか。先月、警察庁が自転車の違反を厳しく取り締まると宣言したばかり。だからなのか、この手の事故にしてはめずらしく犯人を実名報道している(警察が実名を発表している)。

私もまいにち自転車に乗っているが、やむを得ず歩道を走る場合は車道を走行するとき以上に緊張するし、慎重になる。なぜなら万が一ひとに当てて大ケガをさせてしまった場合、刑事罰の対象となるばかりか何百万〜何千万円もの莫大な補償金を負担しなければならないからだ。そんな恐ろしい現実があることを知ってか知らずか、無灯火で携帯片手に歩道を暴走する自転車のなんと多いことだろう。警察にはもっと厳しく、徹底的に取り締まっていただきたい。  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

春はやっぱりお花見ラン!

一年のうちで数日しかできないランニング方法がある。それが「お花見ラン」だ。といっても特別なことをするわけではなく、単に桜を見ながら走るだけ。幸いにも家のすぐ近くに桜並木で有名な「山崎川」が流れている。桜の名所といっても山崎川は住宅地の真ん中にあるため、シートを広げて花見に興じている人などほとんどいない。
yamazakigawa.jpg

桜並木が途切れたところでコースをかえ、市内有数の花見スポット「鶴舞公園」へ向かう。ちなみに公園のなまえは「つるまい」ではなく、「つるま」。最寄りの地下鉄とJR駅の名前は「鶴舞(つるまい)」、所在地の名前も「鶴舞(つるまい)1丁目」。なのに、なぜか公園だけ「つるま」。調べてみると、どうやら「鶴舞」という漢字が当て字で、もともと「つるま」が正しいらしい。では「つるま」とはいったい何なのか?・・・まあいいや。

鶴舞公園の1600本の桜は見事に咲き誇っていた。
tsurumai001.jpg

近くで見るとまだつぼみも多く、「満開」ではないようだ。
tsurumai_up.jpg

公園内は昼間から飲めや歌えの大騒ぎ。右も左も酔っぱらいだらけだ。
tsurumai002.jpg

そんな中をあえてランニングしていると、まるで自分がストイックな人間になったように感じる。ところが、意外にも公園内を走っている人はけっこう多かった。やはりこの時期にしかできないお花見ランを楽しんでいるのだろう。つぎの週末まで桜は残っているかな。もしもまだ咲いていたら、今度は名古屋のもう一つの桜スポット「名城公園」でお花見ランを満喫しよう。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋RUNコースガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

だいじょうぶか?モリコロパーク。

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)へ行ってきた。3月25日の第2期オープンからまだ1週間しかたっておらず、しかも暖かな春の休日だ。相当の混雑ぶりに違いない。周辺道路の渋滞も予想されるので、自転車で行くことにする。長久手町にさしかかると、「モリコロパーク第2期オープンのため渋滞が予想されるので、できるだけリニモを利用してね」という趣旨の看板が立っていた。やはりかなり混雑しているのだろうか。

しかしモリコロパークが近づいてきても、道路を走るクルマはまばら。あの渋滞予想の看板は何だったのか。やがて午後1時ぐらいに公園入り口へ到着。駐車場は、混雑どころかかなり空いている。なんとも拍子抜け。だが油断するのはまだ早い。今回のオープンの目玉である「愛・地球博記念館」にはそうすんなりとは入れまい。先週のオープン時には入場整理券を配ったとかなんとかニュースでやっていた。最低30分〜1時間は行列する覚悟で記念館へ向かう。ところが、人いなすぎ・・・。
kinenkan_enkei.jpg

「もしかして臨時休館か?」と嫌な予感を感じつつエントランスへ。・・・開いてた。
kinenkan_iriguchi.jpg

あまりの人の少なさに寂しくなる。やはり万博から2年も経つとみんな夢からさめてしまうのだろうか。ちなみにこの記念館はもともと海外のVIPなどを接待する迎賓館で、万博開催中は一般人立ち入り禁止だった。「迎賓館の中はどんなふうになっているのかな」なんて思いながら遠くから眺めていたものだ。しばし2年前の万博ライフをしみじみと思い出しつつ、記念館の中へ。館内には外国パビリオンから寄贈された品々が展示されており、どれも見た記憶があるものばかりで懐かしい気分にさせてくれた。写真撮影禁止なのが残念だ。それにしても人が少ない。まあ、ゆったり観覧できるからいいけど。

記念館をたっぷり堪能した後は、公園内を1時間ぐらいかけて歩き回った。
「愛・地球広場」はそのまま残されていた。家族連れがまったり過ごしている。
hiroba.jpg

バイオラングがあった場所。
bio_rangu.jpg

グローバルループがあった場所。当然ながら跡形もない。
右に見えているのは旧グローバル・ハウス。現在は温水プール&アイススケート場。
roop_ato.jpg

シンガポール館やネパール館が建ち並んでいた
グローバル・コモン6。造成中。どうなるのか楽しみ。
zousei_asia.jpg

日本ゾーン。造成地と駐車場に変わり果てていた。
日本の塔「月」がポツンとたたずんでいる。
nihonzone.jpg

日本庭園。「温泉か?」と思いきや、
ミストを噴出している模様。夏はきっと気持ちいいだろう。
teien_chikaku.jpg

インタープリターによる森のガイドツアーをやっていた。
eco_tour.jpg

公園内はまだ工事中だらけで、
第1期と同じく「とりあえずオープンしました」という感じ。
zousei_hirobanozomu.jpg

ただ、森林体感ゾーンの散策路が歩けるようになったので、ちょっとしたトレッキングにはいいかも。ちなみにアイススケート場は6割程度の客の入り、温水プールに至ってはガラガラ状態だった。公園内も全体的に客が少なく寂しい限り。第2期オープン間もない時期にこの過疎っぷりでは、ちょっと先が思いやられる。リニモがピーチライナーの二の舞にならないことを祈るばかりだ。

 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) |     | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger