hakusan.gif
1486901651a1i7O38a9H7OiCI1486901651.gif

2006年11月30日

ついに自転車が免許制に!?

自転車は車道(左端)を走らなければならない(例外的に走行が認められた歩道もある)。今回『自転車の歩道通行解禁へ 通常国会に道交法改正案』(東京新聞11月30日付)という記事の見出しを見たときは驚いた。ヨーロッパの自転車先進諸国のように、あくまでも「車道への自転車専用レーン整備」が大方の自転車乗りの理想であるため、車道から歩道へと自転車を追いやるような措置は、まさに「自転車行政」の大後退だと感じた。これでますます自転車×歩行者の事故が増加してしまうのではないか。と、ここまでは見出しだけをみた感想。で、本文を読んでみると・・・

どうやら自転車の歩道通行解禁は、『児童、幼児による運転や、交通量が多く車道が危険な場合』に限るとのこと。それならば納得だ。確かに小学生など判断力が未熟な場合、車道走行は危険な場合がある。たとえば違法路上駐車車両の右脇をすり抜けるとき、車体ぎりぎりに通過すると突然開いたドアに激突する恐れがある。この危険を回避するため、駐車車両からある程度距離をとって通過しなければならないのだが、あまりふくらみ過ぎると今度は後続のクルマと接触してしまう危険がある。こうした局面を瞬時に判断することは、小学生にとって少し荷が重いかもしれない。

ましてやクルマのドライバーに「自転車は車道の左端を走るもの」という意識が希薄なため(東京ではメッセンジャーの活躍により、クルマと自転車の共存が進んでいるらしい。うらやましい)、「自転車のために減速してやろう」「待ってやろう」と考える人は少ないのではないか。平気で路上駐車を犯す人の意識には、「自転車の走路をふさいでいる」という感覚など微塵もないのだろう。

一方、自転車に乗る側の無法ぶりも目に余る。無灯火、歩道暴走、ケータイ片手に運転、傘差し運転、車道の逆走などなど。記事には『警察と学校が協力し、従来の小学生を対象にした自転車安全教育を、自転車通学が多い中学生、高校生にも実施するよう求めた』とある。自転車マナー向上のためにも、これはぜひ徹底的に行ってもらいたい。というか、今まで中学・高校生に対して自転車安全教育を実施していなかったという事実に驚く。もっとも安全教育が必要な人たちを野放しにしていたわけだ。

さらに、『悪質で危険性が高い自転車の交通違反に対しては、警察が交通切符を適用し、積極的に摘発すべきだ』とも。まったくその通り! よくいった、警察庁(の自転車対策検討懇談会)! 自転車は立派な「車両」だ。現状では無灯火や片手運転などの悪質な違反に対してかなり甘い。現場のおまわりさんが摘発を躊躇しないよう、赤切符(起訴されれば前科になる恐れあり)に代わる法整備も必要だと思う。いっそ自転車も免許制にして、青切符が適用できるようにすればいい。未成年の違反金は親が支払うとか。とにかく、自転車大国への道はまだまだ険しそうだ。

 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

珍しい骨をもつ男!

じつは名古屋シティマラソン(11月23日)以来、走っていない。右くるぶし(内側)の痛みが消えず、走れない状態だ。来月の中旬に初ハーフマラソンを控え、今はいちばんハードに走り込まなければならい時期だけに焦っている。初めてのハーフだからこそ、体調万全でのぞみたいところなのだが・・・。

走り始めたのはつい最近のことだが、この短期間の間に足底筋、左ひざ、右ひざ、腰の痛みを立て続けに経験した。しかしその都度、3〜4日休めば自然と痛みはひいていった。ところが今回の右くるぶしはなかなか治らず、痛み出してからはや10日が過ぎようとしている。痛みを抱えたままシティマラソンに強行出場してしまったことも少なからず悪影響を及ぼしているのは疑いない。

このままダラダラと走れない日々を過ごすのも限界なので、本日ついに医師の診断を仰ぐことに。受診したのは「名古屋スポーツクリニック」。今年の10月に開院したばかりの整形外科だ。「スポーツ」の名を冠してはいるが、べつにスポーツによるケガに限らずなんでも受診できる。もちろん先生はスポーツ医だから専門性は高い。

あらかじめ予約していたので待ち時間はあまりなく、すぐにレントゲン室へ呼ばれた。角度を変えつつ3〜4枚撮影。その後、診療室へ入り先生の診察を受ける。先生はしばしX線写真を眺めていたが、どうも納得いかない様子。いわれるままベッドに横になると、何かの器具でくるぶしをぐりぐり。どうやらエコー装置による診断。すると、先生は得心したようにうなずき、私に画面を見せながらいった。いわく、「X線には映らなかったけど、くるぶしの下に小さな軟骨が出ている」とのこと。しかも「こんな骨はあまり見たことがない」のだとか。そんな珍しい症例なのかと少し不安になるが、「すぐに取り出さなきゃいけないとか、そんな類のものではない」という。「おそらく若い頃に捻挫かなにかしたときの傷の名残が、急にランニングを始めたことによって出てきた」らしい。とりあえず炎症だけで、大きな故障ではないらしい。ほっとひと安心・・・が、しかし、私には長距離を走る上で大きなハンディキャップがあることが判明してしまった。

それは、扁平足。足裏のアーチが少ないので、一歩一歩走る(歩く)たびに足自体が左右にゆがみ、その結果いたる箇所に痛みを引き起こすのだとか。日常生活をおくる上でなんら問題ないレベルだが、マラソンなどの激しいスポーツをする場合、故障が起きやすいのだという。そこで先生から、「ランニングシューズ用のインソールをオーダーメイドしてアーチをサポートする」、そして「リハビリによって足裏および足回りの筋力強化を図る」という二つの改善策を示していただいた。さっそく診察後、クリニック2Fのリハビリルームへと移動する。まずは簡単な問診を受けた後、足筋の強化メニューを伝授してもらう。続いて、歩き方から足のゆがみを診断。するとやはり、歩くたびに足が外側へゆがんでいる模様。これは自分に合ったインソールを作れば改善されるということだ。

今回、スポーツクリニックを受診して本当によかった。くるぶしの痛みはおそらく、病院にかからなくても自然に治っただろう。しかし、珍しい軟骨の存在やリハビリによる強化は医師の診断なくしては知り得ないことだ。さっそくインソールをオーダーメイドし、リハビリにも励み、万全の体調で初ハーフマラソンにのぞみたい。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

スースーハーハーからの解放。

中学・高校の頃、体育の先生から「ランニングのときはスースーハーハー、2回吸って2回吐け」と教えられた。以来、私は疑いもせず、走るときは当然のように「スースーハーハー」やっていた。しかし、最近その呼吸法が間違いとはいわないまでも、どうでもいいことであることが分かった。日本を代表するマラソンコーチの一人、金哲彦さん(NPO法人ニッポンランナーズ理事長)いわく、「吐くことだけを意識すれば、自分のやりやすい方法でいい」んだそうな。あの小出義雄さんも同じようなことをいっていたらしい。その昔、一世を風靡した「スースーハーハー」とはいったい何だったのか?

たしかに「スースーハーハー」はあまり心拍数があがっていない状態においてはリズムがとりやすく、走るという行為の初期段階で身体を「乗せて」いけるメリットがある(ように思う)。呼吸に連動して腕・脚がすいすい動く感覚。しかしひとたび息が上がってくると、無理無理スースーハーハーしてるのが自分でも分かる。スースーハーハーのリズムが狂うことで、走り自体ができていないような錯覚に陥ってしまう。「スースーハーハーしなきゃ」と思うあまり、結果として呼吸が乱れている。これは一種の“強迫観念”だろう。だが、マラソン界のカリスマ2氏の「そんなのどうでもいい」という言葉を聞き、一気にスースーハーハーの呪縛から解放され、目の前が開けたような気分だ。

スポーツにおいて、昔と今とで大きく認識が異なることはよくある話だ。たとえば昔は、運動中に水を飲む行為は「最大の悪」とされていた(うちの学校だけか?)。真夏の炎天下の部活中でも、一切水は飲まなかった。いま考えると恐ろしい話である。ちなみに、部活が終わった後もすぐに水を飲むのを我慢して、近所のスーパーで1リットルのコカコーラを一気飲みしたものだ(居酒屋で最初の一杯をよりおいしくいただくため、のどが渇いていても我慢するのと同じ理屈だ)。うさぎ跳びも現在では「百害あって一利なし」といわれているし、プロ野球のピッチャーは登板後、肩を温めていたのが今では冷やしている。「今まではなんだったの?」といいたくなるところだが、それだけ科学が進歩している証拠なのかもしれない。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

初レース! 「2006名古屋シティマラソン」。

天気予報が見事にハズれてくれた。よかった。雨中のレースを覚悟していたのでホッと一安心。話によると、名古屋シティマラソンは過去21年の歴史の中で、一度も雨に降られたことがないのだとか。まずは自転車でメイン会場となる瑞穂陸上競技場へ。競技場が近づくにつれ人の数が増していき、予想どおり受付会場は大混雑。人波をかきわけて出場予定である10kmの部の列に並ぶ。
1_kaijou.jpg

2_uketsuke.jpg
無事にゼッケンと参加賞(ランシャツ)を受け取ったはいいが、スタートまであと2時間もある。レクリエーション広場の出店をひやかしたり軽く走ったりして時間をつぶす。

10:00ジャスト。同時開催の「名古屋ハーフマラソン(招待選手および陸連登録者)」がスタート。先頭を疾走するケニア勢の速いこと。はたして全力で走っても追いつくかどうか。スタンドで観戦している市民ランナーたちからも、「はえー」とか「脚なげー」といったオドロキの声が起こる。
2.5kenia.jpg



10:20、名古屋シティマラソン「一般ハーフの部」スタート。スタンドから眺めると人の頭がアリみたいにツブツブ。すごい数で気持ち悪い。しかしこの後、私が出場する10kmの部の参加者はこの倍だ。いやな予感がする。
3_haahunobu.jpg



その予感は的中。人が多すぎ(6437人)て競技場内に入りきらず、場外の道ばたで記念すべき生涯初レースのスタートを迎える。あまりに寂しいマラソンデビューとなってしまった。しかも周りの人と「いま号砲鳴ったよね?」「スタートだよね?」と確かめ合う始末。あわててNike+と腕時計(ストップウォッチ)のスタートボタンを押す。はるか前方の人の波は動いてるのでレースは開始されたはずだが、私のいる最後方は一歩も動けず。1分が経とうとしたころでようやく動き出す。
4_start.jpg
しかし走ることはおろか、自分の意志で歩くことすらままならない。まるで満員電車だ。やっとスタート地点に到達したのは号砲から3分後。以降、3キロ地点ぐらいまで延々と大渋滞が続く。係員の制止を振り切って歩道を駆け抜ける不届き者も散見されたが、そういった人たちは案の定2〜300メートル先でバテていた。

5キロ地点に近づくにつれて渋滞は緩和されてきたが、折り返してからはハーフの部の人たちと合流するので再び人の密度が濃くなってくる。7キロ地点でお約束の横腹痛発生。iPodのボリュームを上げ、気を紛らす。10kmの部はなぜか距離表示がなく、あとどれぐらいでゴールなのかさっぱりわからなかった(これはレース後、みんな文句をいっていた)。「あと500m」になったらNike+のパワーソングを発動して命がけの猛ダッシュを敢行しようと考えていたが、ゴールはあまりにも突然やってきた。距離表示がないため、目の前にいきなり「10kmフィニッシュ」の看板が見えたときはうれしさの反面、焦った。急いでウェストバッグからデジカメを取り出し、ゴール地点を激写。加速しながら撮影したので見事なピンぼけだ。
5_goal.jpg



結果はネットタイムで51分42秒(ネットタイムとは、スタート地点からゴール地点までの正味タイムのこと)。完走を目標としていただけに結果には満足。新たに50分切りという目標もできた。やはり実戦はキツいけど楽しい。初ハーフとなる来月の「鈴鹿シティマラソン」が今から楽しみだ。
7_kansoushou.jpg

●関連トピック
How To 名古屋シティマラソン。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

封印!ランニングシューズ。

シューズ選びはランニングにとって、とても大切なことだと思い知らされた。「競技者じゃないんだから何を履いても同じだろう」と高をくくっていたが、それはまったくの間違いだった。

走ろうと思い立ったその日、何の知識もないままスポーツショップへ。軽くて値段的にも手頃な商品をテキトーに選んだのだが、2kmほど走っただけで足の裏が痛くなった。いきなり運動をはじめたのが原因と思い構わずそのシューズを履き続けたら、ついには足底筋やひざの痛みで歩けないほどに。

改めてスポーツショップでスタッフに訊ねると、私がなんとなく購入したシューズはシリアスアスリート、つまり上級者向けの靴だったらしい。どおりで靴底が薄いと思った。Nike+のスタートを機に再購入した、Airたっぷり&かかとのホールドが強いシューズにかえてからは嘘のように痛みが消え、走りはじめの早い段階で疲れることもなくなった。かくして、最初に買ったランニングシューズは封印。復活する日がくるかは、今後のトレーニング次第だろう。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●ナイキプラス関連記事
ナイキプラスがやってくる。
待ってました! Nike+始動。
Nike+はけっこう使える。
Nike+に備えてアームバンドを購入。
Nike+用アームバンド使用レポート。
100%ランニングを継続できる方法。
新型iPod発売でNike+はどうなった!?
30km走に挑戦!のはずが・・・。
飛行機に乗るときはナイキプラスをOFFに!
本当に発売する? Nike+のアレ。
iPodをリモート操作できるウォッチ登場。
Nike Amp+がついに正式発売!

●ランニング関連カテゴリー

●マラソン大会レビュー
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

家の中に特別管理廃棄物が!

朝の冷え込みがだんだん厳しくなってきた。今のところエアコンの暖房機能でしのいでいるが、たいして暖まらないし電気代も高くつく。そろそろ石油ファンヒーターの出番だ。その前に灯油を買いにいこうとベランダの灯油缶に手をかけると・・・重い。先シーズンに使い切ったと思っていたがそれは勘違いで、まだ半分ぐらい残っていた。これはまずい。灯油は1年放置しておくと劣化し、暖房機器に悪影響を及ぼすという。例年ならそんなことに頓着しないで構わずヒーターのタンクに流し込んでいただろう。でも今年はぜったい使いたくない。なぜなら石油ファンヒーターはこのまえ購入したばかりの新品だから。現実にはいきなり壊れることはないだろうが、新品のヒーターに古い灯油を入れること自体に強い抵抗を感じる。

そこで困ったのが古い灯油の処分だ。こっそり水道へ・・・ダメ絶対!・・・らしい。灯油は「特別管理廃棄物」に指定されており、むやみに水道に流したりそこらへんに捨てたりすることはできない。ある自治体では、「少量なら牛乳パックに不要な布や紙を入れ、灯油をしみ込ませて捨てろ」という旨の記載が。しかし、目の前の灯油はとても「少量」という量ではない。さらに検索を続けると、どうやらガソリンスタンドで引き取ってもらえることがわかった。知らなかった。古い灯油が入った灯油缶をそのままガソリンスタンドに持っていき、中身を捨ててもらって新しい灯油を購入すればよい。簡単なことだ。しかし、中には廃棄費用を徴収したり引き取りを拒否するCS(顧客満足度)の低いGSもあるらしいので注意が必要だ。

    
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) |     | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

生まれて初めてLSDをキメる。

禁断症状に耐えかね、ついにLSDに手を出してしまった。

続きを読む  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

大阪城は金ピカだった。

取材で大阪城に行ってきた。
大阪市街にそびえる天守はスケールが大きい。
osakajo01.jpg



石垣一つとっても、いちいちデカい。
写真は城内でもっとも大きな「蛸石」。畳36帖分↓
ishigaki.jpg



周りの景色と不釣り合いな近代的デザインのエレベータ。
天守にくっついているため、撮影の邪魔になることこの上ない。
もう少し配慮できなかったのか。
elebeta.jpg



5時をすぎたばかりでもうこの暗さ。
それにしても寒い! ということで取材終了。
osakajoyakei.jpg




名古屋城(天守)とそれほど大きさはかわらないというが、大阪城には金箔がふんだんに使われているぶん、絢爛豪華な印象を受けた。石垣など城郭を構成するほとんどの遺構が徳川時代のものにもかかわらず、要所要所に「秀吉の城」というイメージを全面に押し出したい地元の意向が感じ取れた。  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) |     | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

足裏の次はひざ。

名古屋シティマラソンまで17日。しかし、右膝の痛みでここ2日間走ることができなかった。「少し痛む」程度の状態で走ってしまったのが失敗だった。今は普通に歩くだけでもズキズキ。とくに階段を降りるときに激痛が走る。モチベーションは高いのに走れない。これ、かなりストレスがたまる。でも、ここで無理をしたら取り返しのつかないケガに発展しそう。とりあえずあと3日間ほどは様子をみるつもり。

そもそも素人ランナーが膝を傷めるのは、筋力不足によるところが大きいらしい。聞いた話によると、ランニング時における着地の衝撃は体重の5〜6倍なんだとか。だから走ることはつまり、膝にガツンガツンと何百キロの負荷を与え続けることに等しい。筋肉という“クッション”が弱ければ、必然的に衝撃はダイレクトに関節・骨に伝わってしまう。当然、体重が多ければ多いほど、あるいはペースを上げれば上げるほど衝撃は大きくなる。せっかくナイキプラスもスタートして楽しくなってきたのに、なかなかうまくいかないもんだ。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●ナイキプラス関連記事
ナイキプラスがやってくる。
待ってました! Nike+始動。
Nike+はけっこう使える。
Nike+に備えてアームバンドを購入。
Nike+用アームバンド使用レポート。
100%ランニングを継続できる方法。
新型iPod発売でNike+はどうなった!?
30km走に挑戦!のはずが・・・。
飛行機に乗るときはナイキプラスをOFFに!
本当に発売する? Nike+のアレ。
iPodをリモート操作できるウォッチ登場。
Nike Amp+がついに正式発売!

●ランニング関連カテゴリー

●マラソン大会レビュー
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

Nike+用アームバンド使用レポート。

ナイキ+(ナイキプラス)用に購入したアームバンド「Incase Neoprene Armband for nano」の使用レポート。
arm1.JPG

まずは「走行中にズレないか」という点。これについては合格。マジックテープでフレキシブルに腕の太さにジャストフィットさせることができ、さらにはバンド表面の凸凹加工によってズレ下がりを防いでいる。素材は伸縮性があって非常にソフト。このため、擦れや圧迫による不快感もない。

つぎ。「走行中にiPod nanoがズレたり抜け落ちたりしないか」という点。結論からいうと、ケースのホールド力がしっかりしており、なおかつマジックテープが付いた「フタ」でカバーするのでまったく問題なし。しかし、ナイキプラス使用時にはiPodに受信機を装着しなければならない。「フタ」は、ちょうど受信機をセットする差し込み口をふさぐようにカバーする。だからナイキプラスでワークアウト中は「フタ」ができず、iPodをケースのホールド力だけで固定しなければならない。これは困った・・・と当初は思ったが、ものすごく単純なことで解決してしまった。受信機が装着してある方を上向き(つまり肩の方向)にすればいいのである。それでもiPodが飛び出してしまうのではないかという心配は残ったが、実際に走ってみるとまったく問題なかった。

「フタ」をした状態↓
ipod01.jpg

Nike+の受信機を取り付けた状態↓
ipod02.jpg



3つめのポイント「汗の問題」について。ケースがiPod全体を覆っている(液晶画面・操作ボタンの部分は透明のカバーになっている)ので、汗がiPodにかかることはない。アームバンドそのものは直接肌に密着するものゆえ、汗がしみ込むことは避けられない。しかし撥水性が高い素材らしく、いくら汗をかいてもサラッとした感触をキープしてくれる。そして何よりもうれしいのが、「洗濯機で丸洗いできる」ということ。これ、けっこうポイント高い。

アームバンドはこれにして正解だったが、iPodに付属しているイヤフォンはまったく使い物にならない。走り出すとすぐに耳からズレてしまい、ストレスたまりまくり。そこで「カナル型」と呼ばれるイヤフォンを購入。この選択は大正解だった! その話題は後日。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●2009.7.14update:改良版Nike+SportBand発売決定!

●ナイキプラス関連記事
ナイキプラスがやってくる。
待ってました! Nike+始動。
Nike+はけっこう使える。
Nike+に備えてアームバンドを購入。
Nike+用アームバンド使用レポート。
100%ランニングを継続できる方法。
新型iPod発売でNike+はどうなった!?
30km走に挑戦!のはずが・・・。
飛行機に乗るときはナイキプラスをOFFに!
Nike+と走り始めるには絶好の季節。
本当に発売する? Nike+のアレ。
iPodをリモート操作できるウォッチ登場。
Nike Amp+がついに正式発売!
●ランニング関連カテゴリー
●マラソン大会レビュー

    
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(2) | TrackBack(0) | Nike+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger