hakusan.gif
1486901651a1i7O38a9H7OiCI1486901651.gif

2006年10月31日

Nike+はけっこう使える。

Nike+(ナイキプラス)の装備は調った。さっそくワークアウトだ! といっても路上は走らない。Nike+の正確性を検証するため、スポーツセンターのトレッドミルを使用。走り出す前に、まずはiPod画面にてアークアウトメニューを選択する。

「タイム」「距離」「カロリー」から自由に選ぶことができ、たとえば「タイム」を30分に設定して走れば、「iPodの中にいるコーチ」が経過時間や残り時間などのrun情報を音声で教えてくれる。コーチング音声は男性・女性のうちどちらかを選択できるが、もちろん女性を選ぶ。今回は「距離」を10kmに設定して、いざスタート!

1km走ったところで「1km completed」のアナウンス(注:音声が英語なのは、スポーツキットを購入して一度もiTunesにリンクさせずに使用したため。iTunesにつなげれば自動的に日本語環境がインストールされる)。その後、1kmごとに音声が入る。5km地点では「半分すぎたわよ」みたいなコーチング。

ヒアリング力が乏しいので正確に聞き取れない。残り1kmからは100mごとに声をかけてくれる。「あと800mよ!」みたいな感じで。そしてゴールの10km地点に到達したときには「コングラチュレイションなんたらかんたら」・・・どうやら誉めてくれているようだ。10km走るのにかかった時間、消費カロリー、平均ペースなども丁寧に教えてくれる。そのまま走り続けても、ワークアウト終了ボタンを押さない限り走行データは蓄積され続ける。

さて、Nike+の正確性だが、10kmちょっと走ってトレッドミルとの表示差は400mほどだった。ちなみにNike+はより正確なデータを得るため「調整」機能が付いている。しかし今回は調整なしでいきなり走ったことを考えても、誤差は少ないといえるだろう。想像以上に「使える」という印象を受けた。(当然、トレッドミルにも誤差はあるだろうし)

さっそく家に帰り、Nike+のサイトとiPod nanoをシンクロさせる。すると、線グラフでさきほどの走行データが表示された。ちょっと感動。トレッドミルでペースが一定に保たれていたため、ほぼ直線になっている。10km地点からクールダウンに入った様子(右下がりになっている)も正確に表示されている。
nike+gamen02.jpg


5km、10kmごとの自己ベストが表示されるのも楽しみだ。
nike+gamen05.jpg


距離、時間、カロリーなどのゴール(期間目標)を任意に設定することができ、達成したらバーチャルなトロフィーがもらえる。
nike+gamen03.jpg

Nike+のおかげで、当面はランニングに対するモチベーションが維持できるだろう。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●ナイキプラス関連記事
ナイキプラスがやってくる。
待ってました! Nike+始動。
Nike+はけっこう使える。
Nike+に備えてアームバンドを購入。
Nike+用アームバンド使用レポート。
100%ランニングを継続できる方法。
新型iPod発売でNike+はどうなった!?
30km走に挑戦!のはずが・・・。
飛行機に乗るときはナイキプラスをOFFに!
Nike+と走り始めるには絶好の季節。
本当に発売する? Nike+のアレ。
iPodをリモート操作できるウォッチ登場。
Nike Amp+がついに正式発売!
●ランニング関連カテゴリー
●マラソン大会レビュー>

  
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | Nike+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

待ってました! Nike+始動。

Nike+(ナイキプラス)対応のシューズ、スポーツキットがいよいよ発売された。さっそく入手すべく、まずは名古屋・栄のアップルストアへ。
続きを読む  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | Nike+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

ランニングコース生成サイト。

インターネット上の地図サイトがここ数年でかなり充実してきた。中でも、私がもっとも愛用しているのはマピオンだ。そのうち、「キョリ測(ベータ)」は秀逸。簡単な操作で地点ごとの距離を測ることができ、速度と体重を入力すれば消費カロリー、到達時間まで表示してくれる。

たとえばランニングで10km走りたいとき。自宅から5km(折り返し地点)になる地点まで適当にポインティングしていけば、あっというまにオリジナル10kmコースの完成だ。コースを複数つくっておけば、同じルートを走ることのマンネリ感も防ぐことができる。先日、自転車で香嵐渓に行った際にも事前に地点ごとの距離を測っておいたので、初めての道でもおおよその距離感をつかみながら走ることができた。

ゼンリンの「its- mo Navi」など、有料ならもっと機能的な地図サービスは存在するが、やはりネット上のサービスは「無料」だからこそ価値がある。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

Nike+に備えてアームバンドを購入。

Nike+に備え、アップルストアでiPod用アームバンドをポチッと購入。
さまざまな種類があって迷ったが、
購入者の「レビュー」を参考に「Incase Neoprene Armband for nano」に決定。


パッケージはこんな感じ。
package.JPG


ケース単体でも使える。強力なクリップがついているので、
パンツやベルトに引っ掛けて使用することもできる。
ura.JPG


これがアームバンド。やわらかい素材で伸縮性がある。
血圧計のバンドみたい。マジックテープで腕の太さに合わせる。
arm1.JPG


アームバンドの他に、ハンドストラップもついている。
handstrap.JPG


iPod nanoを装着したところ。
セットするのに少し力を入れて押し込まなければならないが、
これならズレることはないだろう。
soutyaku.JPG

soutyaku2.JPG


思ったより高級感があり、使い勝手もよさそう。
使用レポートは後日。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | Nike+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

香嵐渓までサイクリング。

愛知県随一の紅葉の名所、香嵐渓(こうらんけい)に行ってきた。もちろん自転車で。名古屋市内の自宅から往復100km弱の行程だ。家を出たのは朝9時。40分ほどかけて長久手町内の合流地点に到着。メンバーはロード×1、MTB×4(スリック×2、ブロック×2)、クロス×1、ママチャリ×1というバラエティに富んだ陣容。
kyuukei01.jpg

香嵐渓までは「グリーンロード」と呼ばれる自動車専用道路に併走する歩道を走る(車道は自転車通行禁止。通行料は無料)。信号がなく歩行者も皆無なため走りやすい。途中、草ボーボーの道や自転車を背負っていかなければならい階段もあるが、おおむね快適。山の中を切り拓いてつくった道なので景色もすばらしい。アップダウンもそれほど激しくなく、あっというまにグリーンロード走破。あとは国道153号を4kmほど走ればゴールだ。

green01.JPG
「グリーンロード」だけに、ガードレールも当然グリーン。
kaidan.JPG

香嵐渓に到着したのはちょうどお昼どき。さっそく腹ごしらえだ。田楽、鮎の塩焼き、やまかけそばなどを食す。紅葉にはまだひと月ほど早く、木々は緑のまま。それでも観光客がたくさん訪れていた。昼食のあとは河原に移動してしばし休憩。
tsubodon.jpg

soba.jpg

kawara.jpg

しかしこの季節、暗くなるのは早い。そうゆっくりもしていられない。グリーンロード(の歩道)は夜になると真っ暗で、しかも何度も細いトンネルをくぐらなければならないため怖くて危険。だから明るいうちに走り抜ける必要があるのだ。だが、帰りのグリーンロードには全長3kmにもおよぶ上り坂地獄が待っている。往きよりも100倍キツい。こうなると集団で仲良く走るなんてことは不可能。各自のペースに任されることになる。

黙々とこぎ続けること30分、なんとか坂を上り切った。みんな揃うまでつかの間の休憩だ。一人、また一人と息を切らしながら上ってくる。ほどなく全員集合。さあ、再出発・・・と思ったものの、何かが足りない。そうだ、ママチャリがまだ来てない。車重20kgを超えるママチャリでは、この坂は相当キツいに違いない。それにしても遅いのでみんなの顔にちょっと不安の色が浮かぶ。すると、長い坂の遙か後方に豆粒のようなママチャリの姿を発見! 目を凝らしてよく見ると、ゆっくりだが動いてる。とりあえず生きているのを確認できたので到着を待たずに出発。

グリーンロードを抜け、万博記念公園にさしかかる頃にはすでに薄暗くなっていた。
yuuhi.jpg

ここから先は長久手町内を抜けて名古屋までの一本道を走るだけ。道も平坦なので走りやすい。その後、本山交差点(名古屋市内)あたりで解散。みんな疲れているので解散はあっさりしたものだ。全走行距離は90kmほど。100kmには到達しなかったが、じゅうぶん走りごたえはあった。優勝はママチャリのSさんに決定。

自宅に帰り「体重もさぞや落ちただろう」と体重計に乗ってみたら・・・なんと300g増えてる・・・。以前ハンガーノックの恐ろしさを身にしみて感じたので、今回はチョコレート菓子などを中心につねに何かを食べ続けていた。それが裏目に出たようだ。でも、楽しい一日だったのでよしとしよう。
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

これからの季節は暑くてツライよ!

自転車通勤の私にとって、これからの季節は辛い。いや、寒いのは我慢できる。というか、ちょっと走ればすぐに体が温まってくるから平気。むしろこの「温まる」というのがクセモノだ。ときに温まりすぎて、真冬でも汗をかく。走行中は風の冷却効果もあって目立たないが、止まったとたんに顔や体から大量の汗が噴き出してくるのだ。だから帰りがけにコンビニやスーパーへも行きづらい。なぜなら冬の店内は当然のごとく暖房がきいており、汗をかくほど温まっている身には地獄も同然なのだ。まだ暑いだけならいい。「なにあの人、真冬なのに汗びっしょりでキモい」なんて思われてるかもしれないのが何より辛い。これはジョギングされている方にも当てはまると思う。しかし、ランナーならそれなりの格好をしているので、「あの人、真冬なのに汗びっしょり。でもジョギングの途中なら仕方ないか」と思ってもらえるのである。真冬なのに普通の服装で汗ダラダラの人を見かけたら、それは自転車通勤者かもしれない。不愉快でしょうが大目に見てやってください。  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(1) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

人はこうまでして走りたいのか。

トレッドミル、わかりやすくいえばルームランナー。最近スポーツセンターで使うようになったのだが、私のようなランニング初心者にはたいへんありがたいマシンだ。速度を任意に設定できるのでペースが乱れないし、足下が柔らかいマットなので体への負担も少ない。消費カロリーや走行距離も細かく表示される。当然、信号待ちなどで止まってしまうことはないし、交通事故のリスクもゼロ。天候も関係ない。しかし、目の前の景色はいつも同じ(当たり前だけど)なのでどうしても飽きがくる。そこが難点といえば難点か。

「トレッドミルでこのまま外を自由に走ることができればなぁ」と、一瞬思ってはみたものの、その考えの無意味さに心の中で失笑・・・・・・・と思ったら、え!? ありました!

treadmil.jpg

その名も「トレッドミルバイク」。サイトには商品紹介の動画が用意されているのでぜひ見てほしい。「素直に走ればいいじゃん」なんて、けっして言ってはいけない。  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

オリジナルキャラをつくろう!

足裏痛と発熱で、ふんだりけったりの“13日の金曜日”。たまにはおとなしく会社の宣伝でも。私たちイングは名古屋の広告制作プロダクション。ポスター、パンフレット、リーフレット、会社案内、学校案内、チラシ、雑誌広告、新聞広告、ロゴマーク制作、キャラクター制作、パッケージデザインetc・・・を手がけている会社。もちろんデザインだけでなく、イラストやコピー、プランニングの受注も多い。最近ではこのブログやホームページを通じて問い合わせていただけるケースが増えてきた。「会社のロゴマークを作成したい」「レストランのメニューやコースターなどのデザインを一式任せたい」「とにかく目立つパッケージを作りたい」「雑誌に広告を掲載したい」等々。そのすべてが受注につながるほど甘くはないが、個人経営のお店や中小企業など、幅広い業種の方々から問い合わせをいただいている。

昨年の愛・地球博で大人気だったモリゾーとキッコロの影響かどうかは分からないが、小売店、レストラン、幼稚園などからキャラクターあるいはマークデザインの問い合わせが相次いでいる。キャラクターやシンボルマークを作っておけば看板にもチラシにもパンフレットにも使え、お店のイメージ向上に貢献する。もちろん、事前にイメージをしっかり聞きとりながら作り上げていく完全オーダーメイド。世界に一つだけの、お店、会社、学校の“顔”を作ってみませんか。お問い合わせはメールでも電話でもお気軽に。


↓保育園のキャラクター(マーク)です。

mark003.jpg  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(2) | TrackBack(0) |     | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

なんちゃってランナー早くも故障!

初めて10km走った翌々日、足の痛みが残っていたにもかかわらず5km走ってしまった。これがかなり体にこたえたようで、足の裏、ちょうど土踏まずのあたりを傷めてしまった。歩くたびにズキンといやな痛みを感じる。少しでも痛みや違和感があったら走ってはいけないということがよく分かった。

10km走れたうれしさで調子に乗ってしまったようだ。インターネットで検索すると、足の裏には「足底筋」という筋肉があり、急に長距離を歩いたり走ったりすると炎症を起こすらしい。これが「足底筋膜炎(そくていきんまくえん)」に発展するとやっかいで、完治するまで数ヶ月かかるという。

生涯初レースとなる名古屋シティマラソンまで42日。これはまずい!走り始める前に故障の危険性などの知識を入れておくべきだった。シロウトが調子づくと、必ずしっぺ返しがくるというお話でした。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

ナイキプラスがやってくる。

Nike+(ナイキプラス)とは、AppleとNikeのスポーツコラボレーション。その内容はいくつかのサイトで報じられているので詳細は割愛するが、簡単にいえばチップ(?)を仕込んだシューズとi-Pod nanoを使って、ランニング時の諸データ(距離・地点ごとの速度・ペース・カロリー消費量など)を専用サイト(Nike+)で管理するというもの。
続きを読む  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(2) | TrackBack(1) | Nike+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

1万メートルはやっぱりキツい。

ワケあって、来月開催される「名古屋シティマラソン」に参加するハメに。マラソンといっても10kmの部。しかし私にとっては途方もない距離だ。しかも「65分以内にゴールできる人」という厳しい(?)制限が課されており、あまりにも遅い人は「回収車」で強制収容されてしまうという。

自転車で10kmならどうってことないが、ランニングで果たして65分以内に10km走れるかどうか。試したことがないので、ペースはもちろん、自分の走る能力がどれくらいなのかさっぱり見当がつかない。

そこで、走ってみた。
スポーツセンターにて有料で利用できる「トレッドミル」、つまり現代版“ルームランナー”で「時速11km/h」にセットしてランニングスタート。この速度をキープしたまま10kmを走破できれば、50分台でのゴールが可能となる。と、意気込んでみたものの、スタート10分ほどで早くも汗ダラダラ。距離は2kmもいってない。キツい、もうやめたい・・・。と思ったがせめて4kmはがんばろうと再び奮起。

するとどうだろう、3.5kmあたりから急に体が軽くなり、走りがラクになった。そう、中学の保健体育の授業で習った「セカンドウインド」が訪れたのだ!「こりゃ気持ちいいっ」と、調子に乗って速度を12km/hに上げる。いたって快調。走ることがこんなに爽快なものだとは知らなかった。だが、6km地点で再び失速。あわてて速度を10km/hに下げる。そこから8.5km地点ぐらいまではひどく苦しい時間が続いた。

しかし9.2km地点、つまり残り800mに到達したところで、遅まきながらやってきました! 二度目のセカンドウインド。ラストスパートとばかりに速度を12.5km/hに加速。汗を飛び散らせながら気分はトップアスリートだ。そしてついに10km走破!タイムは55分。名古屋シティマラソンの足切り時間65分以内での完走を果たすことができた。どれぐらいのペースで走ればいいかもだいたい分かった。明日も走るぞ!

・・・が、次の日、太股を中心にキョーレツな全身筋肉痛に襲われ、ベッドから起きあがることができなかった。自転車では50km走っても絶対に筋肉痛にはならないのだが、ランニングはそれだけ激しい運動だという証か。2日連続でのランニングは叶わなかったが、セカンドウインドの快感を思い出すとまた走りたくなる。

ということで、「Nike+」だ。いよいよ今月28日に国内販売開始、および日本語版サイトがスタートする。この話題は、後日。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

雨の日の自転車。

自転車通勤者にとって雨天ほどユウウツなものはないだろう。よく見かける傘差し運転は、前傾姿勢を強いられるスポーツ自転車には不向きだ(それ以前に傘差し運転は違法行為)。そこで活躍するのがレインウェアだ。100円ショップで売っているお手軽なものから、数万円する高機能製品まで幅広い。通勤距離が長い人や、週末のロングライドなど幅広く活用したければ、やはりゴアテックス製のウェアがおすすめ。水の浸入を防ぎ、汗も素早く放出してくれる。

私の雨天時の自転車通勤スタイル。上半身は、Tシャツの上にゴアテックス製の薄手のレインウェアを着こんでばっちり防水。下半身は、撥水スプレーをたっぷりふりかけたトレーニングパンツを着用。足下はくるぶしまで隠れるトレッキングシューズ。顔に降りかかる雨粒はごくふつうのキャップをかぶるだけでかなり防ぐことができる。ゴアテックスの威力はすばらしく、会社に着いてからウェアを脱いでもいっさい体はぬれていない。汗で蒸れることもない。逆に下半身は撥水スプレーの効果もむなしくベットリ不快。いずれはパンツもゴアテックス製の商品を購入して“完全武装”を成し遂げたいものだ。
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

ブレーキパッドがカチカチに!?

通勤はもちろん、普段の移動はすべて自転車。だからクルマにはほとんど乗っていない。しかしながらクルマを所有していれば必ず維持費というものがかかる。先日、初めての車検を受けた。走行距離は8千キロぐらい。故障や不具合などあるはずがない。車検工場のスタッフから「もしも修理する箇所が見つかりましたらお電話します」といわれていたが、そんなことはありえないと考えていた。しかし、入庫したその日にいきなり電話がかかってきた。

「ブレーキパッドが・・・」。なに?ブレーキパッッドがすり減っているなんていわせないぞ。8千キロしか乗ってないんだから。すると、「ブレーキパッドが・・・・新しすぎるので削ります」という予想外の言葉。意味が分からない私の気配を感じたのか、スタッフは続ける。「乗る機会が少ないとブレーキパッドが硬化してしまいます。するとブレーキが重くなって危険です。ですからあえてパッドを削って柔らかくするんです」とのこと。そういえば、確かにブレーキが重いと感じることが多かったように思う。すり減っているから交換というのはよくある話だが、新しすぎるからわざとすり減らすというのは前代未聞だ。いちおうスタッフは「どうしましょう?」と聞いてくる。ここで気になるのが料金だ。「それって、あの・・・」。すかさず心情を察するスタッフ。「この作業に関する工賃はいただきません」。「じゃ、お願いします」。即答。

かくしてピカピカに磨き上げられて戻ってきたクルマは、いつになるかわからない次の発進の日まで、ふたたび定位置の駐車場に鎮座し続けるのだった。
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(1) |     | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger