bnr_ed_468_vol2.gif
hakusan.gif
westin100424.gif

2006年09月27日

危険な放置自転車。

名古屋駅前の放置自転車台数が全国ワースト1だとは知らなかった。駅前のみならず、歩道上に放置された自転車は危険極まりない。名古屋の主要道路は幅が広く、そのぶん歩道もかなりゆったりしたつくりになっていて、歩行者優先レーンと自転車優先レーンに色分けしてあるケースが多い。しかしズラリと並んだ放置自転車が歩道の半分を完全にふさいでいるため、せっかくの自転車優先路を自転車自らがつぶしてしまっている状態だ。

昨年、京都を旅行したときのこと。秋の連休ということもあり、京都市内のホテルは軒並み満室だった。仕方なく、京都から電車で20分ぐらいの滋賀県大津市(琵琶湖のほとり)に宿を取ることにした。当日朝、ホテルに荷物だけ預けてレンタル自転車を借りた。JR大津駅まで自転車で行き、そこから電車で京都市内へと向かう計画だ。しかし、大津駅前に着いたはいいが、見事に自転車がとまっていない。放置自転車ゼロだ。「適当にどこかにとめていこう」と軽い考えでいたが、もしも放置したらかなり目立つことは間違いない。

自転車に乗っている人が少ないかというと、そういうわけでもないらしい。現に目の前をママチャリに乗った学生やお姉さんやお兄ちゃんやおばちゃんやおじさんたちが走りまくっている。いったい、みんなどこにとめているんだろう・・・と辺りを見回す。すると、「駐輪場」の看板が目に入った。近づいてみると、かなり規模の大きな施設だ。駅との距離もほんのわずか。料金を支払い、駐輪。これで心おきなく京都観光が楽しめる。

「努力次第でここまでできるんだな」と感心したものだ。放置自転車がまったくない駅前の風景は「お見事」のひとことだった。もちろん名古屋や大阪や東京と違って規模が小さいけれど、放置自転車ゼロを実現するのは容易ではないはずだ。

いま、放置されている自転車のほとんどがママチャリだ。その理由はズバリ、安いからだろう。たとえ盗まれても「ま、いっか」と思える値段だから長時間放置しても平気でいられるのかもしれない。その証拠に、最低でも15〜20万円はするロードバイクが放置してあるのをいまだかつて見たことがない。いっそママチャリが今の10倍ぐらいの値段になれば、一気に放置自転車が激減するかも!?


 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

万博回顧9 〜閉幕〜

愛・地球博が閉幕してから、昨日(9月25日)でちょうど1年が経った。ここ数日は愛知県内各所で記念行事が行われ、合計35万人を集めたそうだ。

1年前の閉幕の日は、まずファイナルイベントを観るための場所取りから始まった。朝10時頃に入場したのだが、すでに愛・地球広場(ステージ前のメイン広場)は人と敷物で埋め尽くされており、立錐の余地もないほど。仕方なくステージから遙か後方の、グローバルループ下の一角をなんとかキープ。敷物を石で固定して場所は確保した。
bashokeep.JPG
hiroba.JPG

昼食にいつものスリランカカレーを食べ、午後からは比較的空いている外国館をぶらぶら・・・しようと思ったものの、空いているパビリオンなどあろうはずもなかった。とくにドイツ館前は大混雑で、入館規制どころか周辺通路の通行規制まで出る始末。
Germany.JPG

ファイナルイベントは7時からなので、6時頃に「韓一亭」で万博最後の夕食をとる。
kanichitei.JPG

そして「愛・地球博グランドフィナーレ」スタート。
finale.JPG

内容はいまひとつだったので割愛。ということで、グランドフィナーレ終了。その後は10時の閉場時間を過ぎても、グローバルループ上の人波はほとんど減らない。みんな半年間の名残を惜しむかのように、まったく帰ろうとする気配を見せない。いたるところで外国館スタッフによる楽器演奏やダンスが自然発生し、みんなそれに合わせて盛り上がる。ドイツ&フランス館の共同ショップでは、在庫一掃のたたき売りが行われていた。
sonogo_gakki.JPG
sonogo_shop.JPG

閉場時刻から1時間経過。ゲートへ向かう途中シンガポール館の前を通りかかると、スタッフやダンサーが円陣を組んで半年間の労をねぎらっていた。ファイナルイベントよりも感動的なシーンだった。
sonogo_Singapore.JPG

アテンダントたちも、客を見送るのはこれで最後。
attendant.JPG

そして、ゲート通過。愛・地球博が終わった。
gate.JPG

・・・あれからもう1年。すぐにまた来年の3月がやってきて、今度は「開幕2周年」だ。月日の流れは人類平等とはいえ、もう少しゆっくりでもいいような気がする。

 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) |     | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

万博回顧8 〜アメリカ館〜

今日なぜアメリカ館を取り上げたかというと、こんな記事を見つけたから。あの「セグウェイ」に不具合が見つかり、2002年3月〜2006年9月までに出荷した2万5千台すべてを自主回収するのだという。アメリカ館の前には必ずセグウェイに乗ったお兄さんやお姉さんがいて、退屈そうに並んでいる人たちに話しかけたりしていた。
seguway.JPG

「ああ、これがセグウェイか」と、多くの人が集まってきたものだ。このセグウェイ、日本では原動機付き自転車どころか「普通自動二輪車」という扱いらしい。日本で公道を走行するためには、ナンバープレートはもちろん、バックミラー、警笛、ライトなどを装着して走る必要があるのだとか。現にセグウェイを公道で運転していた人が「整備不良」で検挙された例もある。現在は、公道での走行を一切認めないという話も聞いたことがあるが、定かではない。

で、アメリカ館だ。雷から電気を取り出した発明家、ベンジャミン・フランクリンをテーマにしたショーがメイン。ディズニーランドやユニバーサルスタジオの演出効果がふんだん使われており、いかにもアメリカらしいサービス精神にあふれたエンターテインメント・ショーだった。カナダ館のように抽象的なメッセージに走るのではなく、ハリウッド映画のような分かりやすさに好感が持てた。

america1.JPG

ショーエリアを出ると、火星探査機やライト兄弟の飛行機模型などが展示してあるゾーンへ。ここでもセグウェイに乗ったお兄さんが「コニチワ!コレセグウェイ。シッテル?」とニコニコしながら近づいてきた。ちなみに今回のリコール理由が「車輪が急に逆回転する恐れ」があるというもの。もしも万博会場で群衆に突っ込みでもしていたら、きっとガ○パビリオンの火事以上のインパクトがあったに違いない。ブッシュ大統領から小泉総理に贈られたセグウェイも、ちゃんと修理に出すかどうかが気になるところだ。

 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(1) |     | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

シクロクロスがほしい!

先日の自転車での落車事故以来、どうもスピードが出せなくなっている。まだ恐怖心が残っているためだろうか。現在乗っているのはMTB(マウンテンバク)にフルスリックタイヤを履かせたもの。最近、巡行スピードに物足りなさを感じてロードバイクを買い足そうかと思っていた矢先の落車だった。いまはスピードに対する憧れが少し冷めてしまっている状態。落車前までは、自転車店でロードバイクの細いタイヤとドロップハンドルを見るたびに「かっこいい!」と思っていたのに、今日あらためて見てみると「滑りそうだな、怖そうだな・・・」としか感じられなかった。カスリ傷で済んだものの、高速走行中での落車は自分の想像以上に恐怖心を植え付けてしまったのかもしれない。

それでもやはり、速く走りたいという気持ちは消えない。ここでいう「速く」とは巡行スピード、つまり「普通に漕いで、無意識のうちに出してるスピード」のこと。ある人は、MTBとロードバイクで同じ距離を同じペースで走り比べた場合、10分以上も差がついたらしい。もちろんロードバイクの方が速かったのはいうまでもない。ただしロードバイクはクルマでいえばF1マシンのようなもので、ひたすらスピードのみを追求した自転車だ。車重はおおむね10kgを切り(中には6kgというマシンも!)、タイヤも驚くほど細い。ちょっとした段差でもそのショックでパンクしてしまう(らしい)し、軽量化の代償としてMTBのように頑丈にはできていない。スタンドすら付いていない。

つまりMTBとロードバイクは同じスポーツ自転車でありながら、まったく別次元の乗り物といえるだろう。たまにMTB特有のブロックタイヤのかわりにスリックタイヤを履かせてスピードアップ(街乗り仕様)を図っている私のような人がいるが、それはかなり中途半端な乗り方だといえるかもしれない。しかし、私のようなニーズ、つまり「ロードバイクは敷居が高いが、ある程度のスピード感は味わいたい」と思っている人は少なからずいる。

そこでいま人気なのがクロスバイクだ。簡単にいえばMTBとロードバイクの“ハーフ”みたいな自転車のこと。タイヤ径はロードと同じサイズ(太さは若干太めが多い)で、ハンドルがドロップハンドルではなくフラットバーになっている。ロードバイクのようにハードな前傾ポジションを強いられないしそこそこスピードも出せる。通勤に、サイクリングにと、極めて汎用性が高いスポーツ自転車だ。しかし、これもやはり中途半端感は否めない。

だったら素直にロードを買うべきなのだが、走る道をシビアに選ばなければならないため、自分にはかえってストレスがたまりそうな気がする。今はスリックタイヤとはいえMTB用のかなり太いタイヤなので、段差だろうと砂利道だろうと気にせずガンガン走っている。今の走行スタイルをある程度維持したままで、なおかつ巡行スピードを上げたい。そんなニーズに合う自転車があるのかといえば、ある。「シクロクロス」という車種だ。簡単にいえば「荒れ地も走れるロードバイク」のこと。あくまでもロードバイクなので、ハンドルはドロップだしコンポーネントもMTBとは異なる。ローディ(ロードバイク乗り)の皆さんからは「後悔するぞ、素直にロード買っとけ!」とツッコまれそうだが、2台目の自転車はシクロクロスに落ち着きそうだ。とはいえ、高価なものなのでそう簡単には手が出ない。少しずつお金を貯めながら、じっくり吟味しようと思う。  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

豪雨の中、ついに落車!

週末、自転車で瀬戸市(「せともの」のふるさと)まで行ってきた。片道20km弱なので週末のポタリング(自転車散歩)には最適だ。往きは矢田川の河川敷をひたすらこぎ続ける。信号がほとんどないので一気に距離を稼ぐことができた。
jitensha001.JPG

瀬戸市街地に近づくにつれて人の往来が激しくなり、中心部は自転車を引いて歩かないと通れないような人混みに。休日の栄(名古屋一の繁華街)並みの混雑ぶりだ。瀬戸市ってこんなに賑やかな町だったのかと思ったら、どうやら「せともの祭り」の真っ只中に突入してしまっていたらしい。「せともの祭り」は例年50万人以上を集める県内有数の大イベントだ。見学せずに帰るのはもったいない。そこで駅前の駐輪場に自転車をとめ、会場を歩いてみることにした。せともの祭りというだけのことはあって、沿道にはせとものを扱った露天が所狭しとひしめきあっている。とにかく人・人・人でわずか10m先に進むのもままならないほど。適当に露天をひやかしながら祭りの雰囲気を味わう。ふと空を見上げると、西の方から真っ黒で邪悪そうな雲の一団が近づいてくるのが見えた。

これはやばいと駐輪場にとって返し、祭りの余韻を味わう暇もなく家路へと急ぐ。上空はどんどんドス黒さを増していく。2kmほど走ったときだろうか、ついに雨がポツリポツリと降ってきた。左の方に大型スーパーが見える。雨宿りしていこうかと迷ったが、雨はまだ本降りではない。車道を25k/hのペースで巡行すれば40分を切るぐらいの時間で帰れる。このまGOだ。しかし、結果的にこの判断は間違いだった。

さらに3kmほど走ったところで雨は突然激しくなり、上空から容赦なく襲いかかってきた。最近では経験したことがないほど強烈な雨で、一瞬にしてパンツまでビチョヌレ状態に。前もよく見えない。それでも「どうせシャワー浴びて寝るだけだ」と思うことで開き直れた。だが、目の前で稲妻が光るのを見てこの考えは一変した。

どうやら雷雲の真下にいるらしい。最悪だ。閃光とほぼ同時にものすごい衝撃音が辺りを揺るがす。「ゴロゴロ」なんてのんきな音じゃない。激しい雷鳴のたびに恐怖で身がすくんだが、避難できそうな場所は見あたらず、ここは走り抜けるしか助かる道はない。恐怖に後押しされているとはいえ、自分でも驚くほどのハイペース(30〜35km/h巡行)をキープしつつ車道を駆け抜け、ようやく家まで3kmと迫った。そのとき、ふいに細い路地からクルマのボンネットが顔をのぞかせた。

とっさに右へハンドルを切った瞬間、目の前の景色がぐるぐると回転した。気がつくと豪雨に打たれながら道に横たわっていた。ズボンの膝の部分が破け、右腕は血だらけだ。肩に鋭い痛みが走る。危ない、と思う間もなく、滑ったという記憶もない。まさに気が付いたらコケていたという感じだ。どこかに頭を打ちつけなかったのは奇跡だろう。30km/hは出ていたので、死んでいてもおかしくない。もしも後続車(クルマ)が来ていたら確実に轢かれていただろう。幸いにも自転車は無事のようで、目立った破損箇所はない。ディレイラーの動きが多少にぶくなっただけだ。

その後はキズの痛みで雷の恐怖どころではなく、10km/hぐらいのスローペースで巡行。すると先ほどまでの嵐がなかったかのように、穏やかな秋の空が広がり始めた。あのとき、大型スーパーに立ち寄って雨宿りしていれば、と後悔しても後の祭りだ。自転車の危険さを身をもって体験できたということをプラスに考えたい。いま思えばあれほどの落車(自転車では、転倒ではなく落車というらしい)で打ち身と擦り傷だけで済んだのは運がいい。くしくも同じ日、自転車のロードレースで事故死した方が出たようだ。慣れた人でも、ちょっとした油断が取り返しのつかない結果を招く。「自転車は危険なスポーツ」であり、自分はもちろん他人にも危害を加える可能性があるということを、今一度キモに銘じて安全走行に心がけたい。  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

万博回顧7 〜オーストリア館〜

外国パビリオンの多くはそれぞれに独自性を打ち出して個性を競ってはいるものの、その内容はおおむね「映像」「展示」「ショー」だった。しかし少ないながら体験型アトラクションと呼べるものも存在していた。そのうちの一つがオーストリア館のソリ体験だ。パビリオン内が山の斜面のようになっており、「頂上」から木製のソリで滑り降りることができる。まあ、たわいもないものだが、これはこれでけっこうな人気だった。
Austria001.JPG

↓反対側の斜面は、パカッと開く可動式の舞台になっている。
Austria002.JPG

ある日、この舞台でクラシックコンサートが開かれるというので「これはラッキー」と思い座って待っていた。とくにクラシック音楽が好きというわけではなかったが、オーストリアといえばそのたぐいの音楽の本場だ(たぶん)。しかも天下の万博だから、きっと本国からそこそこ有名な音楽家が来日して美しい旋律を聴かせてくれるに違いない。たまには高尚な芸術体験もいいものだ、とワクワクしながら待っていた。ところが・・・期待はもろくも裏切られた。現れたのは全員コテコテの日本人。
Austria003.JPG


音楽の良し悪しはわからないけど、少なくとも日本人はないだろう。楽器演奏やショーは多くの外国館が開催していたが、その国の人が演じるからこそ意義があると思うのだが・・・。まあ、コンサート自体は楽しめたので良しとしよう。ちなみにオーストリア館はソリ体験だけでなく、「ダンスのミニレッスン」や「氷の壁」など、他パビリオンにはない独自の趣向をいくつも打ち出していたので、私の中ではポイントが高い。とフォローしておく。
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) |     | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

広告は高価な買い物。

私たち広告プロダクションは、一般の方にはなかなか馴染みが薄く、理解されにくい存在だ。手がけている仕事の7〜8割は「広告代理店」を介して受注するので、通りがかりの人が「広告ひとつ作ってくださいな」なんて事務所に入ってくることはまずありえない話だ。しかし最近はインターネットを通じて「訪ねてくる」人が増えてきた。「ペットショップのオープンチラシを作りたい」「レストランのロゴやマークを一式デザインするといくらかかるか」「商品カタログをリニューアルしたい」「パッケージのデザインアイデアがほしい」など、個人経営のお店や中小企業からの問い合わせが多い。

もちろん問い合わせていただいたすべてが仕事につながるほど甘くはない。広告はたいへん高価な買い物だけに、買う方も慎重にならざるを得ない。最近では、会社案内やチラシをスピーディーに、しかも安く制作する業者が増えてきた。写真やコピー(文章)のレイアウト(位置)があらかじめ固定されていて、スペースに当てはめていくだけの「既製品」だ。ネット上のやりとりだけで済んでしまう利便性もある。デザインや企画性は二の次で、とにかく費用を抑えたいときはこうした既製品を使うのも賢い選択だろう。しかしそれらはおおむね没個性となりやすく、ターゲットの目に留まりにくいという欠点を持っている。

広告は「伝えたいターゲット」「伝えたいポイント」に「クライアントの意向」をふまえ、企画・デザイントーン・文章表現・構成・レイアウト等、あらゆる要素を一つひとつ考慮しながら作り上げていくものなのだ。たとえ10センチ四方の小さな新聞広告一つでも、デザイナー、コピーライター、プランナー、イラストレーター、カメラマンがあれやこれやとよってたかって何度も議論を重ね、クライアントの「思い」を込めてカタチにしていく。

少なくともイングではそんな気持ちで日々広告制作に取り組んでいる。既製品に飛びつく前に、まずは私たちのような広告プロダクションに相談してみるのもいい。どうせ相談や見積もりは0円だ。  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) |     | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

無灯火自転車がついに・・・!

自転車による夜間の無灯火運転は目に余るものがある。中には無灯火の上、携帯片手に運転している者もいる始末。こうした人たちは自転車が立派な軽「車両」だということを理解しているのだろうか。自転車で走行中に歩行者と接触して大けがを負わせれば、場合によっては赤切符を切られて“前科”となり、何千万円もの賠償金を支払わなければならないことを認識しているのだろうか。自転車を甘く見ると恐ろしい。以前にも書いたが、自転車の違反は道路交通法の適用を受けない(青切符の適用外)ので、「摘発(赤切符)=前科」となる可能性があるのだ。「無灯火で前科者」は、けっして荒唐無稽な話ではない。

警察庁が無灯火自転車への指導を全国一斉に実施するという(9月5日付 時事通信)。ようやく重い腰を上げたかと記事を読んでみてちょっとガックシ。「無灯火自転車の強化指導は異例」ながら、秋の全国交通安全運動期間のわずか10日間だけ。果たして効果があるのか疑問だ。ただし、無灯火運転が違反だと理解していない人に、わずかでもその危険性を知らしめるきっかけにはなるかもしれない。

私も毎日自転車に乗っているが、対向して走ってくる無灯火自転車に気づかずヒヤリとした経験が何度もある。期間限定のキャンペーンに終わることなく、警察や自治体の皆さんにはねばり強く指導・取り締まりを続けてほしい。  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

工夫ひとつで伝わる気持ち。

スパムメール(eメール)はうっとーしいものだが、実際に郵便受けに投げ込まれる大量のダイレクトメールはさほど苦にならない。仕事柄さまざまな広告物に目を通しておきたいという“習性”があるからだ。しかし郵便受けに入っているDMは、ほとんどがあまり出来のいい広告とは呼べない。ありふれたチラシはゴミ箱へ直行だ。

しかし昨日投函されていたDMはひと味違った。
そのDMがこれ↓
dm.JPG
写真では分かりにくいが、まるでおみくじみたいに小ちゃくてかわいい。

手の平サイズのチラシを丸め、リボンでくるりと巻いてある。たったこれだけで、私は「なんだろう?」と興味をそそられた。その時点でこのDMの「勝利」である。大量に届けられるDMや新聞チラシは、まず「目に留めてもらう」ことができなければ話にならない。読んでもらえるかどうかは二の次だ。

リボンをほどいて中身を確かめると、はたして近所の美容院のチラシだった。結局、ターゲット(つまり私)にはまったく縁のない内容だったのでゴミ箱行きとなったが、第一関門の「興味を惹く」ことには成功している。もしも私がDMの訴求内容に合致していたら、購買行動を起こしていたかもしれない。まずはいかに興味を引き出すか考える。これが広告の鉄則だ。

何十万人、何百万人を対象にしたTVCMも広告なら、近所の100軒ぐらいに配る手作りDMも立派な広告。その基本的な考え方は変わらない。  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) |     | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger