nightrunnagoya2017.gif
westin0508.gif
hakusan.gif

2006年07月28日

レースクイーンの彼女と再会!

昨年開催された愛・地球博。
その会場跡地が、7月15日に「愛・地球博記念公園」、
愛称「モリコロパーク」としてオープンした。

kinenhi.JPG

愛知万博には何度も足を運び、
半年間にわたって存分に楽しませてもらった。
広告制作プロダクションという業務柄、
イングも万博関連の仕事にいくつか参加した。

そんな公私ともにお世話になった万博だから、
今回のモリコロパークオープンは密かに楽しみにしていた。

とはいえ「第一期オープン」につき、
広大な敷地のほんの一部が完成しただけ。
実際に訪れてみると園内で動ける範囲も少なく、正直物足りない。
ただ、「ああ、ここに電力館があったよね」みたいな
思い出にふけることはできる。

rinimoeki.JPG

唯一、興味深かったのがロボットの展示。

kanban.JPG

懐かしいロボット達の前には人だかりができていた。
もちろん彼女の前にも・・・

racequeen.JPG

このレースクイーン型アクトロイド。
万博期間中はそのクールな表情と脚線美で、
カメラ片手のオヤジ達を悩殺していたものだ。

でも、いまは動かない。

彼女のなんとなく寂しげな表情を見ていると、
あのにぎやかな半年が幻影のように感じられた。
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

自転車はイイ!

自転車通勤を始めて1年。
その経済性・爽快感は予想外にスゴかった。
まず、ほとんどクルマに乗らなくなった。
自転車を始める前はクルマで通勤しており、
まさに「クルマがないと生活できない」状態だった。
いや、今思えばそう信じていただけなのかもしれない。

bicycle.jpg

とはいえ、まったくクルマに乗らないわけではない。
それでもガソリンを入れるのは3ヵ月に一度になった。
1ヵ月に3回ほど満タンにしていた頃に比べればその差は歴然。
たとえば満タン1回6,000円として、
以前なら月に18,000円かかっていたところ、
今ならひと月換算で2,000円だ。その差16,000円。これでかすぎ。

経済性のメリットはガソリンだけではない。
それは「ムダな買い物をしなくなった」ことだ。
以前はクルマでスーパーなどに行ったとき、
カゴの中にパッパカパッパカ無造作に品物を入れまくっていた。
ところが自転車で買い物に行くとどうなるか。
あまり買いすぎると「運べない」のだ。
家に持って帰れるのは、
最大でも「リュックサックの容量」ということになる。
ということで、必然的に必要なモノしか買わなくなる。
というか、買えなくなる。

同じような理論で衝動買いも防げる。
とあるインテリア用品店に自転車で出かけたときのこと。
サッカーボール型のスツールが売っていて、値段も手頃。
ひと目見て「欲しい!!」と思ったものの、
自転車では運べない。
そこで急いで自宅に帰り、クルマで出直そうと決めた。
ところが!家に自転車を置いてクルマに乗りかけたそのとき、
「やっぱ、いらないや」と、急に購買欲が冷めてしまったのである。
冷静に考えるとスツールなんて使う場面がないし、
たとえ買ってもジャマなだけ。
しかし、クルマで行ってたら間違いなくお買い上げしてたと思う。
自転車で出かけたからこそ無駄金を使わずに済んだのだ。
自転車ってスゴい。自転車恐るべし。  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

抹殺セヨ、資料の山。

私たち広告制作会社は、
もっとも「企業の機密を扱う」業種のうちの一つであるといえる。
(まぁ、「機密」というにはチョット大袈裟かもだけど)

それはたとえば未発表の商品情報だったり、
小売店のバーゲン情報だったり。
だから社員は仕事のコトをむやみに家族や友人に話すことができない。

資料の管理も厳重だ。
クライアントから預かった資料は、
たとえその仕事が終了した後でも「丸めてポイッ」は許されない。
イングでは必ずシュレッダーにかけて細かく裁断し、
事業者向け廃棄業者に手渡すようにしている。

この手の資料は油断するとすぐにたまってしまう。
うちは社員16名の小さな会社だし、
全員が専門職(デザイナー、コピーライター)なので、
総務関連の業務は各自が分担して行っている。
大企業なら若い部下に、
「ちょっとこれシュレッダーかけといて」なんて
ひと言で済むんだろうけど。

いま、目の前に半年分の資料の山がそびえている。
これをすべて裁断するには何時間かかるんだろう・・・。
考えるだけでもユウウツになってきて、
そのままゴミ箱にポイッとしたくなる衝動に駆られる。
でも、どんなきっかけで“個人情報”が流出するか分からない。

shredder.jpg

「これは広告会社としての義務であり責任であり良心だ!」
と、少々誇大妄想ぎみに自らを奮い立たせて、
半年ぶりにシュレッダーと対峙するのであった。
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) |     | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger